子供のこと 発達障害グレーゾーン 長女 長男

お兄ちゃんのいる妹って世渡り上手なのかも?と思わせる長女の言動

投稿日:2018年1月25日 更新日:

        

スポンサーリンク

記事下

女の子って小さいうちから女なのね・・・

 

もうすぐで2歳10か月になる長女は、おしゃべりも上手になってきており、プリキュアやディズニープリンセスが大好きなおしゃまな女の子に育っています。

hana
ただ、トイトレが全然進んでいないのが気になるところです。

 

最近は、長男と一緒に遊ぶことが楽しいようで、二人でキャッキャッと遊んだり、派手に喧嘩して泣いたりと賑やかな我が家です。

また、長男の言動を真似る事も多くなってきており、特に悪いところを真似るのでこちらも手を焼き始めました。

hana
子供っていいところではなく、人の悪いところを真似ることが多いですよね。

どのような悪いところを真似るのか?というと、

  • あっち行って~、じゃましないで!などと人に言う。
  • 何でも一番になりたい。
  • 人におもちゃを貸したくない。
  • 〇〇のせい!と人のせいにする。

思いつくだけパパっと記入してみましたが、これだけ見ると「性格わるー」ってかんじですね。

 

ただ、長男より切り替えの早さは際立って良いです。

思い通りにならなかったり、注意されたり、途中で中断せざるを得ない事があって「わーん」と泣いてもすぐにケロッとしています。

長男にそういう場面があった場合は、対象の相手を叩いたり非難して暴れたりする事を一時やってます。

hana
これだからまた注意される羽目になる・・・

 

ただ、今の長女は年齢的なもので、行動の一連を最初から最後まで自分だけでやりたい思いが強いです。

 

例えば、靴を履くときに手伝ってあげるとかなり怒って最初からやり直しです。

お風呂でシャンプーハットを取る→シャンプーハットを頭にセットするときもそうですし、洋服の着脱時もそうなります。

時間に余裕のある時はいいのですが、急いでいる時になるとイライラして、「早く!」とせかしてしまいます。

「チョットマッテネ、ママ」と可愛らしく返答がくるのがまだ可愛らしいところですが・・・

hana
まだたどたどしい話し方なので、長女の言葉はカタカナにしています。

 

しかし、私がすっかり忘れて手助けしてしまうと・・・

「モウ、ナンデナンヨ!わぁー!ぎゃー!」

と怪獣のように暴れ叫ばれ、やりかけてたものを戻して最初からやり直しさせられます。

hana
しまったーー(涙

ってかんじです。

 

最近では、余計に時間がかかってしまうことを教訓に、「手出し無用!黙って見守る!」をモットーにしています。

こんな言動が年齢的なものだというのは、長男もそんな時期があったからです。

hana
子供なりに、自分で出来たっていう達成感が欲しいんでしょうね。

 

そんな、負けず嫌いで活発な長男顔負けの長女なんですが、長男の時とは明らかに違う一面?特性があります。

お願い上手

長女は、着替えの時に服の後ろ前こそ分かりますが、どうやったら逆さにならずに着ることが出来るのか?というところがまだ分かっていません。

本人もそれを自覚しているので、いつも私に「ママ、コッチ?」なんて尋ねてきます。

で、私が

hana
こうだよ~

なんて言いながら、着せてあげるのです。

が、最近私が近くに居るにも関わらず、長男の方に行って「〇〇、ヤッテ?ワカンナイ」というような事を話かけていたのです。

私は、3人姉弟の長女として育ちました。よって、姉弟にはやってあげる立場でしか無かったので、新鮮な光景でした。

 

兄・姉の居ない長女・長男気質

私の長女気質としては、自分勝手だけど面倒見はいい方だと思っています。

hana
自称・・・

一番上っていうのは、家の中で自分の意見が通りやすいです。よって、内弁慶となりハッキリ意見を言ったり我がままになる事もあります。

しかし、その分人のお世話焼きもやっていたりします。

だからなのか、私は人に頼るよりも、人から頼られる方に慣れています。

頼ることがはっきり言ってニガテです。

hana
実家の親に限っては頼りっぱなしです。

 

夫からも、結婚前から「もっと頼って」と言われていますし、長男を妊娠していた時に夫の両親からも同じ事を言われております。

 

一般的に兄・姉の居ない長女は、内弁慶となるので身内は比較的頼る事は出来るけど、他人には頼ることができないという気質が出来上がってしまいます。

これは、やはり長女・長男を育てる時に、「お兄ちゃん、お姉ちゃんでしょ!」ということで、下の子の世話をさせたり、いい子(ここでは親のいう事を聞いたり、大人に褒められる子)に育てたいという親心に応えるべく頑張ってしまうからでしょう。

 

私も、「いい子」でいることが良いことなのだと子供時代~20代前半くらいまでは思っていました。

hana
今は恐ろしいくらい全く違う考えになってます。

スポンサーリンク

記事下

上手に兄を使う

上記のお願い上手というのを使って、上手に長男を掌でクルクルと回しています。

 

基本的に、長女は自分の事は自分でしたい方なのですが、やる気がないのか?ハナから頼ろうと計画しているのか?たまに、長男にお願いしてやってもらう事があります。

 

やってもらいたい「物」を長男のところまで持って行き、「〇〇、コレヤッテ」とお願いするのです。

長男は、その時に自分の好きなテレビ番組を見ていれば「え~?」と言ってみたり、一緒に遊んでいる時であれば「うん、わかった。ちょっと待ってね」と従順に従っているようです。

hana
もちろん、やってもらったら「〇〇、アリガト」って言ってます。

また、着替えをなかなかしない長男に対して、私がよく「よ~いどんするよ!」と兄妹で競争させることがあります。

少し前までは、長男の着替えを促すためだけの方法だったのですが、だんだん長女もやる気満々になってきており、ホントの競争が始まってしまいます。

 

やはり、そんなところはまだ2歳です。着替えはなかなか進みません。で、負けそうになった長女がとった行動は何と・・・

 

「〇〇、テツダッテ?」と、直接長男の着替えを妨害するのです。

そんな長女の思惑なんて、これっぽっちも分からない長男。

「ちょっと待ってよー」なんて、言いながらズボンだけ履いて長女の元に行きます。

 

長女のズボンを履く手伝いをして、自分のパジャマの上着にとりかかろうとした長男にまたもや長女は焦ります。

で、また「〇〇、テツダッテ~」とお願いするのです。

 

その繰り返しをしながら、長男→長女の順番に着替えが終了してました。

普通は、負けそうと思ったら「とにかく早く着替える」ことを優先します。

まさか、競争相手に頼ることでこのピンチを乗り切ろうとしていた長女に驚きの一言しかありませんでした。

 

 

会話を受け流す

会話を受け流すというのは、基本大人になってから身につくのではないでしょうか?

子供の頃って、人の言っていることには全力で耳を傾けるか、又は全く聞いていないか?というところだと思います。

「受け流す」っていうのは、社会に出てから様々な人と付き合う中で自然に身についていくものです。

 

しかしながら、長女はこの受け流すという行動を自然にとっていました。

 

それは、お風呂に3人で入っていた時のことです。

長男は、潜るのが楽しいみたいで、せまいお風呂の中で潜る練習を何回もしていたのでした。

人に見てもらいたい(というか、すごい?と自慢したい)が為に、もぐる度に「ママ、見ててよ」っていいながら潜ります。

最近は、その矛先が長女に向いており、潜る度に長女に「見ててよ」と言い、出てくる時は「すごい?」と言いながら顔を上げます。

その時、長女の目線が自分を見ていなければ、「見よってって言ったじゃん」なんて怒り、また「見ててよ」からエンドレスに続きます。

hana
こういう事相手するのってかなり疲れます。

 

長女も、「これはメンドクサイ、でも見ててあげないと怒るし・・・何とかしたい(心の声?)」と思ったのでしょう。

 

長男には目もくれず、メルちゃん人形で遊んでいたのですが、長男がお湯から顔を出して「〇〇ちゃん、すごい?」と聞いてきた時のことでした。

目線はメルちゃん人形で、髪をとかしたり腕を動かしたりしながら「うん、〇〇すごい」と受け流していたのです。

 

これには、驚きでした。

せまいお風呂で3人が窮屈に入っている中で泳がれる事自体ストレスです。

しかも、いちいちそれを見ていなければならず、「すごい?」の後で「うん、すごい」というコメントをしなければいけません。それを十何回も・・・

hana
これ以上無理!と私が途中で潜るのを中断させてるんです。

 

この受け流しは大人でも難しいです。ハイハイ・・・と思って答えるとどうしても気持ちのこもっていない言い方になってしまいます。

しかし、長女は全く違う遊びをしながらも、普通に答えていました。

hana
私よりも、大人なのかもしれない・・・

そんな事を思ってしまいました。

 

まとめ

この長女の言動は、女の子特有のものなのか、兄がいるからなのか?はたまたこの子特有の気質なのかはわかりません。

 

しかし、こうやって一番身近なところで社会勉強をやっているんだなぁと思わせてくれた出来事でした。

 

この子達・・・どんな風に育っていくのだろう?と少しワクワクしてしまいました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-子供のこと, 発達障害グレーゾーン, 長女, 長男
-, , , ,

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.