ワークライフバランス 働き方 子供のこと 長女 長男

子育てに悩み、育児ノイローゼやうつになっているあなたへ。西原理恵子さんのように突き抜けるぐらいの気持ちが必要なのかも

投稿日:

        

スポンサーリンク

記事下

毎日毎日、育児と家事をこなしながらお仕事もされているお母さんたち、お疲れ様です。

 

かくいう私も、正社員ではないにろ仕事をしながら、育児、家事と何かと毎日忙しい日々を送っている普通の主婦です。

この前は、かなりストレスがたまってこんな記事を書いてしまいました。

私だけ?子育てや家事がイヤになって全て投げ出したくなる衝動にかられることがある

今週末、私はかなりキテました。   もう、この子たちの面倒を見ることも沢山だし、顔も見たくないという状況にまで達しました。   それから数日経ち、現在は落ち着いていますのでご安心を ...

続きを見る

 

そういう時って、周りのママさんと自分を比較してみたりするんですよね。それで、みんな楽しそうでいいな~とか思っちゃって更に落ち込む。

なんていう負のスパイラルに入っていくんですけど、こういう思考回路に入ると辞められないんですよね。

 

人間、それぞれに思考の癖というものがついているらしく、私はあまりポジティブな思考回路ではないのは間違いなさそうです。

hana
なのに、大きな失敗は変にポジティブシンキングになって困ったものです。

 

さて、そんなマイナス思考によって落ち込む気持ちをどうやって切り替えるか?というところなんですが、自分自身で方向転換できるのが勿論一番いい方法です。

hana
私が一番目指したいところです。

 

しかし、私はそんなに完璧に近い人間ではなく、出来ない事の方が多いです。

落ち込んだ時って、ネットで同じ境遇の人のブログなんかを見て癒されることもありますし、更に落ち込むこともあります。

同じ境遇だと、共感しやすいからつい見てしまうんですね。

hana
「類は友を呼ぶ」的なかんじです。

「そうそう、分かる~」と共感しながらも、出口が見えない場合、その方法は解決策にはなりません。

 

そこで、最近私がやっている気持ちを方向転換する方法というのをご紹介します。

 

全く考え方の違う人の意見を参考にすることの大切さ

自分の気持ちがどうしようもないくらい落ち込んでしまって、にっちもさっちもいかなくなった時にすることをご紹介します。

  • 身近な人の意見を聞く
  • 今まで無関心だったタイトルの本や、ネット記事を読む

 

身近な人の意見を聞く

一番手っ取り早い方法はこれです。意識しなくても誰でもやっている事ですよね。

相手は夫でもいいし、友人や親でもいいと思います。

ただし、先ほども出てきたように、「類は友を呼ぶ」と言ってなぜか自分の身近な人というのは、自分と同じような考え方の人たちが集まることが多いのです。

そのため、身近な人に悩みを打ち明けると、このようなリスクがあります。

  • 自分と同じような意見ばかりが出て、解決策を考えても一周回って戻ってくるという意味のない話合いで終わる可能性がある。
  • 相談したはずが、実は私も・・・と相手の悩み相談を受ける羽目になる。
  • 結局、世間話で終わってしまう。
  • 「大丈夫、何とかなるよ」と軽く流される。
  • 相手がママ友だと、他のママ友に言いふらす可能性がある。

 

弱っている時に、自分の心を解決したいがためにやっとの思いで相談してこんな流れになってしまったら、今後二度と「この人には相談しない」という思いが強くなってしまいます。

と同時に、結局誰にも分ってもらえないんだ・・・という悲しさも一層大きくなります。

 

そこで、私は2つめの、無関心だった本やネット記事を参考にする事をおススメします。

 

今まで無関心だったタイトルの本や、ネット記事を読む

「今まで無関心だった」というのがポイントです。

関心のある事柄というのは、どうしても同じ考え方をベースにして成り立っています。

例えば、仕事をしながら、育児も家事もこなすのが大変という主婦が居たとします。

この主婦は、どうやったら両立が出来るか本やネット検索で模索します。

主に、効率よくこなすためにはどうすればいいのか?というところに重点を置いているので、

  • 時短料理
  • 時短掃除

についての方法を探すと思います。

そして、料理の裏技とか、隙間時間で掃除をするなんていうハウツーを身に着けるのです。

これらは、いずれも自分が工夫しながら行う方法になりますね。

 

そうではなくて、根本的なところの考え方を変えていく必要がある!ということです。

 

料理に関しては、圧力鍋をはじめ、自動で煮込み料理をしてくれる電化製品もありますし、コンビニに行けば総菜やレトルト食品だってあります。

掃除でしたら、自動で床をきれいにしてくれるロボット掃除機があります。

 

いずれも、お金はかかってしまうのですが、そうすることで、あなたには「時間」というものをくれます。

 

こんな風に突き抜けてみるのもいいかもしれませんよ(笑)

卒母・西原理恵子の子育ての結論「母乳、食育は放棄。子どものためという呪縛から逃れて」

 

アニメにもなった漫画「毎日かあさん」の原作者西原理恵子さんの記事になります。

子供の頃から、大人たちの為の大人用の脳みそを学校教育で教えられて、それに順応してきた私にとってはかなり衝撃的な子育てのスタンスでした。

 

私とは基本的に考え方が全く違うからです。

 

この言葉は心に刺さりましたね。そして気持ちが楽になりました。

でも、本当は子どもは何がうれしいかというと、バイオリン教室に通って、塾に行って、その間も親が外で待っていることじゃない。ただ親が怒ってないのがいいんです。

怒らないでいるためには、経済的なことは絶対に避けて通れない。お金がないというのは1番の原因になりますから。その次に「勉強しなさい」「早くしなさい」を止めると4分の3ぐらいは怒らなくて済みます。遅刻してもいいや、落ちこぼれてもいいやと思えたら、家の中は笑いでいっぱいになりますよ。

 

私は毎日毎日ガミガミ怒ってばかりです。朝起きてから、ごはんを食べる時も寝る直前までガミガミしています。

我が子が幼稚園に遅れていく回数が一番多いことを嘆いてみたり、食事に手が付かないことを怒ってみたり、切り替えが出来なく癇癪を起こしているところを、私の雷で押さえつけてみたり・・・と怒っていない日はありません。

hana
長男がADHD気質ってところもあると思うのですが・・・

 

主婦を悩ませている食事については記事にあるように、海外は日本のようにたくさんの品数を食卓に並べたり、ましてや全て手作りにしません。

だって世界中に旅行に行ったけど、こんなに食を神聖視して、神経質に母親を攻め立てている国はないですよ。「外食だと子どもがダメになる」って言いますけど、韓国も香港もみんな外食なんだけど、学力は日本より高いですから。東南アジアは大概外食で、しかも安い。みんなが憧れるヨーロッパのドイツは台所で火を使わないことで有名で、パンとチーズを切るだけだから台所はすごくきれい。

ただ、東南アジアの屋台は手作りの上かなり安いです。日本で同じ事をしようとするとお金がかかって実際出来ません。

また、加工食品には大量の添加物が入っているので、実際毎日食べさせるのには不安があります。

 

まぁ、この方の考え方は極論なんで、全てを鵜呑みにしてはいけないとは思います。

 

ただ、育児とその他の事でしんどくて大変で、どうしようもなくなっている時には、これくらいの考え方になった方がいいのではないか?ということです。

 

それに、この方は息子さんに「好きにやらせてくれて本当にありがとう。お母さんの生き方は~(省略)~自慢だよ」なんて言われているのですから、子育て大大成功です。

参考記事

西原理恵子がドクター高須を介護しない理由とは?

hana
私は育ててくれた親に対して、ありがたいと思ってはいますが、不満に思うところもやはりあります。

 

 

まとめ

人は煮詰まってしまうと、思考が止まってしまったり、更に自分を追い込む方向へ流れてしまいます。

 

そういった時に、自分とはまったく違う考え方の人の意見を参考にしてみるというのは一つの案だなと思います。

 

ただ、その意見を実行できるかどうかは自分にかかっているということを忘れないでください。

もしかしたら、それで人生が変わるかもしれませんよ。

 

追記

徐々にですが、現在自分の価値観を変えていく事をしております。

 

今まで当たり前と思っていた考えを改めてみたりして、何が自分と家族にとっていいのか模索中です。

 

とにかく、みんな笑顔で楽しく過ごしたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-ワークライフバランス, 働き方, 子供のこと, 長女, 長男
-, ,

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.