自分のこと 雑記

新手の詐欺!?Yahoo!から架空請求が届いたと思ったら落ち着いて送信元をよく見て!

投稿日:

        

スポンサーリンク

記事下

いきなりですが、私のスマホのSMS(ショートメッセージサービス)にこのようなメールが入ってきました。

気の小さい私はもう、おっかなビックリでしたよ。

一瞬の間に、自分がここ最近Yahoo!関連で何か買い物をしたかどうか、頭の中の記憶を呼び起こそうと必死でした。

Yahoo!ショッピングで買い物はしただろうか?

ヤフオクは使ってなかっただろうか?

プレミアム会員の退会が出来てなかったのか?

Yahoo!ジャパンカードの滞納金はあったっけ?

などと、自分が使っているYahoo!のサイトを思い出しながら一生懸命でした。

 

しかし、全く思い当たる節がないんですよね。

hana
本文に「ネット視聴料金」って記載してあるけど、それどころじゃなかったです。

しかも、こんなSMSで簡単に送ってくるあたり、かなり怪しいということにやっと気づき、グーグルの検索窓に「ヤフー 未払い」と入力し検索しました。

 

すると・・・出るわ出るわ、沢山の人がこのメールを受け取っていたことが分かりました。

hana
逆に安心(ホッ)

 

みんなお馴染みのYahoo!ジャパンを装った振り込め詐欺

まさか、こんな大手の会社名を使った振り込め詐欺があるなんて!と驚きを隠せませんでした。

Yahoo!知恵袋でも、たくさんの方が相談されていました。そのうちの一つを抜粋します。

質問

(警告)有料ネット視聴の未払いがあります。本日連絡無き場合法的手続きに移ります。ヤフー受付0367091164
というショートメールが来ましたが、一体何でしょうか?教えてください。

回答

今回SMSで届いたメールは、
YAHOO!を騙った架空請求詐欺メール(偽メール)ですから、
本物のYahoo! JAPANであれば、
未払いの件でショートメールで連絡する事はありません。

質問の関連の参考URL

Yahoo! JAPANヘルプセンター 
https://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/533/a_id/43786/sessi...

「ヤフー受付0367091164」
⇒本物のYahoo! JAPANであれば、
カタカナのヤフー受付では無く、
英文字のYahoo! JAPANですが、
その電話番号を検索してみて分かると思いますが、
架空請求詐欺の電話番号なので、
本物のYahoo! JAPANの電話番号ではありません。
※その電話番号はYahoo! JAPANとは、
一切関係ありません。

今回届いたYAHOO!を騙った架空請求詐欺メールは、
質問者様に宛てられたメールでは無く、
ランダムで不特定多数に大量に送信してるので、
架空請求詐欺メールが届いた時点では、
質問者様の電話番号や個人情報を知られている訳では無いので、
電話番号に電話をかけたり、
Amazonのギフト券 等をお支払いを応じたりもせず、
完全無視・放置して、そのままメールを削除してしまえば、
質問者様の個人情報は分かる事は無いので、
これで大丈夫だと思います。

ヤフー知恵袋より引用

なるほど・・・電話番号以外は私の場合と全く同じ手口ですね。

この全く同じ手口ということで、更に詐欺だと確信できました。公的機関に連絡する必要もありません。

よって、このメールはスルー決定です。

 

確かに、送信元を見ると本家Yahoo!ではない事が一目瞭然です。

 

ヤフー振り込め詐欺では被害者も続出

しかし、中にはこの詐欺メールに引っかかった人もいるようです。

ヤフーメールによる詐欺相談は、平成28年度12月21日現在で東京都内だけに限ると、165件にも上ったようです。

平成27年度には相談は無かったようなので、新手の振り込み詐欺の手口ですね。

東京都では、被害者の年齢は平均53歳(16~86歳)、被害額の平均は約22.6万円(最高28万円)だったようです。

hana
やはり年配の方が多く被害にあっていますね。

 

 

昨年の平成29年は更に被害が大きかったのか、消費者庁が注意喚起を促しています。

SMSを用いて未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「ヤフー株式会社をか たる架空請求」に関する注意喚起/消費者庁

 

メールが届いたらまず疑うべきこと

大体、料金滞納なんて大ごとな事があれば、ショートメールで連絡してきません。メールか封書で連絡が来るはずです。

料金滞納という重大な事をほんの1行の文章で送ってくるあたりも疑う必要があります。

hana
実際ドキッとはしましたが。

 

Yahoo!ジャパン関連のコンテンツを使っている滞納となれば、当然こちらの名前も住所も連絡先も登録しているので知っているはずです。

最悪、何等かの事情で1回でも滞納があればすぐに連絡が来るでしょう。

 

まとめ

料金の催促という、一瞬ドキッとしてしまうメールですが、ひとまず深呼吸して落ち着きましょう。

そして、すぐさまネットで調べて同じような手口の詐欺かどうかを確認しましょう。

 

大体はそれで結果が分かると思いますが、万が一分からなくても、相手先が示している電話番号にかけるという行動は起こさないで下さい。

 

身近な人に相談するか、公的窓口まで連絡するようにしましょう。

最後に、消費者庁に記載されてある窓口をご案内しておきますので、困っていたらこちらに連絡してみて下さい。

相談窓口のご案内

消費者ホットライン(最寄りの消費者センターの案内) ☎188(いやや!)

警察相談専用窓口  ☎#9110

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-自分のこと, 雑記
-

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.