家族の健康

炒め物や揚げ物などの料理に使う油でおすすめはなに?また健康にいい油の種類は?

投稿日:

        

スポンサーリンク

記事下

私は、食や健康に携わる仕事をしているためか、栄養バランスの良い食事をすることを心がけています。

 

2人目を出産するまではかなりこだわっていたのですが、忙しくなるにつれて妥協するところも多くなってきました。

 

それでもやはり、小さな子を持つ親として安心な食べ物を食べさせてあげたいと思い、基本スーパーやお弁当屋さんなどの中食や外食は控えていました。

 

また、スーパーで食材を購入する際は、いちいち裏表示を見ては添加物の少ない商品を選んだりするもんだから、買い物に時間がかかります。

納得いかなければ、生協やネット通販で探して購入したりしてました。

 

例えばカレーですと、市販のカレールウに入っている「食用油脂」や「調味料(アミノ酸)」その他に使われている原材料の産地などが気になって、無添加のカレー粉を買っていました。

 

無添加のカレー粉は、100%国産の材料を使っており、合成されたグルタミン酸ナトリウムなどのアミノ酸調味料も入っていないので安心は出来るのですが、価格が市販のカレールウの2倍にもなります。

 

しかも、どこでも購入できるものではないので、いつもストックをしておくことも出来ません。

 

そして、ふと考えました。

 

毎日カレーを食べているわけではないのだから、そこまで神経質になる必要はないのではないか?

ということです。

 

よって、食べる頻度の高い食品や料理に使う材料について気を使うべきだと考えるようになりました。

 

しょうゆやみりん、酢などの調味料については、元々気を使っていましたが、一つ大事な材料を忘れていました。

 

そうです。調理油です。

 

調味料と同じくほぼ毎日のように使っているではありませんか。

 

色んな食材を購入する以前に変えないといけないのは、油・・・特に揚げ油じゃないか!?と遅ばせながら気づきました。

スポンサーリンク

記事下

今まではどのような油を使っていたのか?

これに気づくまでに使用していた調理油というと、こちらの3つです。

  • サラダ油
  • オリーブ油
  • ごま油

サラダ油というのは、1リットル入りくらいでよく特売されているアレです。

量が多いので、揚げ油としたり、和食用として使用してました。

 

オリーブ油は洋食や、マリネ、手作りドレッシングとして使用してました。

 

ごま油は中華料理と相性が良いのですが、その他にもアクセントにかけたりしてました。

 

この3つさえあれば事足りるので満足していたのですが、子供が産まれてからあるワードで引っかかるようになりました。

 

遺伝子組み換え食品です。

スポンサーリンク

記事下

遺伝子組み換え食品は日常にあふれている

遺伝子組み換え食品というと、とうもろこしや大豆なんかを思い浮かべると思います。

遺伝子組み換え農作物を栽培している国というのは、これだけあります。

遺伝子組み換え農作物栽培国

この図は2012年の状況なので、現在ではもっと多くの場所で遺伝子組み換え農作物が栽培されていると思われます。

 

ブタさん
でも、表示にはよく遺伝子組み換え食品ではないと書いてあるから安心だよね。

 

しかし、待って下さい。

私たちは知らないうちに遺伝子組み換え食品を口にしてるんです。

 

日本で使用等が許可された遺伝子組み換え農作物

日本では、8種類の農作物とこれを原料とする33種類の加工食品のみです。[※遺伝子組み換え食品に関する事項/消費者庁]

  • トウモロコシ
  • 大豆
  • セイヨウナタネ
  • ワタ
  • パパイヤ
  • アルファルファ
  • テンサイ
  • ジャガイモ

トウモロコシを代表にお話ししましょう。

トウモロコシはそのまま食べるイメージがあると思いますが、輸入されているトウモロコシというのは、家畜の飼料にしたり、食品添加物の原料にもなります。

トウモロコシからデンプンを抽出したコーンスターチや、清涼飲料水に入っている異性化液等などの甘味料として使われます。

つまり、私たちは輸入されたトウモロコシを食品添加物として知らずに食べているのです。

 

さらに驚くべきことに、これらに使用されているトウモロコシというのは遺伝子組み換え食品にあたります。

hana
驚かれたでしょうか。

 

実は、遺伝子組み換え食品には表示義務のあるもの表示義務のないものとに分かれます。

 

遺伝子組み換え食品かどうかの表示義務のあるもの

表示義務のある食品というのは、大まかに言うと、該当食品やその加工品自体にたんぱく質が残っている場合です。

輸入大豆を使った納豆とか、とうもろこしを使ったスナック菓子、コーンフレークがこれにあたります。

hana
遺伝子組み換え作物として、使用が許可されている食品のパッケージ裏には表示されていますよね。

 

ただし、分別生産流通管理と言って、遺伝子組み換え食品と非遺伝子組み換え食品とがきちんと分別・管理されて流通された食品等の場合は、任意表示となります。

hana
ということは、分別生産流通管理をしていれば安心?

いいえ、そんなことはありません。

 

しかし、分別生産流通管理をされているから安心というわけではなさそうです。

何と、分別生産流通管理が適切に行われている場合には、5%以下の意図せざる混入を認めています。[※遺伝子組換え農作物の現状について/農林水産省]

 

 

遺伝子組み換え食品かどうかの表示義務のないもの

反対に表示義務のない食品というのは、該当食品やその加工品自体にたんぱく質が残っていない場合です。

 

つまり、先ほど例で出したトウモロコシを取り入れている食品というのは、間接的に遺伝子組み換え食品となってしまうのです。

ポイント

家畜の飼料→輸入されている牛肉や豚肉に混在

デンプンや甘味料を抽出→食品添加物として混在

他には、調味料で醤油が該当します。

醤油は輸入大豆が使われていますが、表示義務がありません。もしかすると、遺伝子組み換え作物が使われている可能性もあります。

 

スポンサーリンク

記事下

調理油(キャノーラ油やサラダ油)は遺伝子組み換え農作物から作られている

これらのことから、市販されているサラダ油というのは遺伝子組み換え農作物から出来ていることが分かると思います。

市販されているサラダ油というのはほとんどが北米のキャノーラ油(ナタネ油)や綿実油などです。

 

実際、日清オイリオのホームページのQ&Aではこのように記載されています。

Q:油に遺伝子組換え原材料を使用していますか?

A:日清オイリオが、食用油の原材料として使用している大豆、なたね、とうもろこし、綿実は、遺伝子組換え不分別です。※不分別というのは、非遺伝子組換えのものと遺伝子組換えのものを、流通過程で分けていないという意味です。

よくあるご質問/日清オイリオ

つまり、製品を作る流通過程で遺伝子組み換え農作物と非遺伝子組み換え農作物とを分けていないということです。

hana
ほぼ100%遺伝子組み換えですよね。

 

また、遺伝子組み換え農作物を使用していない油はあるか?という質問にたいしてはこのような回答となっています。

日清オイリオで取り扱っている食用油で、遺伝子組換え原材料を使用していない油は、べに花油、こめ油、ごま油、オリーブオイル、グレープシードオイル、パーム油、ひまわり油です。

よくあるご質問/日清オイリオ

ということは、紅花、米、ごま、オリーブ、グレープシード、パーム、ひまわり、これらから選ぶと遺伝子組み換え食品を取らなくてもよさそうです。

 

 

我が家が選んだ食用油は?

結局、私が選んだ食用油というのは以下の油でした。

  • オリーブオイル
  • ゴマ油
  • 米油
  • 国産ナタネ油

最後のナタネ油は国産なので、遺伝子組み換えの心配はありません。

hana
ただ、値段が高いです・・・

 

こめ油については、国産というのとこれらの中では比較的安価であり、使用用途も広いです。

よって、揚げ油として主に利用する事に決めました。

hana
でもやっぱり揚げ油とすると値段は高いです。

 

ただ、米油の抽出方法が主に溶剤であることが気になるところではあります。

他の油は圧縮法という方法で抽出しております。

でも、とりあえず今の私に出来ることはこの方法なので、続けています。

 

まとめ

私たちと遺伝子組み換え食品とは、案外身近だった事が分かったと思います。

 

日本はほとんどを輸入食品で賄ってますが、そのおかげで私たちは好きな時に好きな食べ物を食べることが出来ます。

しかし、その中には遺伝子組み換え食品も混ざってる恐れがあり、表示義務のあるものからないものまであります。

遺伝子組み換え食品は、農作物を作る際には優れているのですが、それを取り込んだ人または動物に対しての健康被害について多くの事例があります。

 

出来るだけ遺伝子組み換え食品を口にしない為には毎日摂取する食品から見直す必要があると思います。

 

その代表的なものとして、調理油を取り上げてみました。

 

是非、家族の健康を考えるならば、遺伝子組み換え作物にも関心を寄せてみて下さい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-家族の健康
-

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.