家計管理 自分のこと 資産運用 銀行 雑記

振込先の「口座名義人」を間違えて知らない人に振り込みしちゃった!実際に返金してもらった方法をご紹介するよ

投稿日:2018年3月19日 更新日:

        

スポンサーリンク

記事下

またまた、大変な事をしてしまいました!

 

何と、振込先を間違えて入金してしまったのです。

hana
しかも赤の他人に・・・

 

その後、お金は返ってきたの?というところが一番聞きたいところだと思いますので、先に結果を発表しますね。

 

結果としては、きちんとお金は返ってきました。

hana
よかったですー(/_;)

 

そして、この一連の出来事は自分の不注意によるものです。

 

でも、なんでこんなマヌケな事になってしまったの?と気になる(方もいる)と思いますので、記事にしてみました。

もちろん、私と同じくおマヌケをしてしまった人の参考にもなればもう言う事ありません。

hana
バッカだなぁ~と思って頂くのもいいし、逆に同じ間違いをしてしまった人の心の支えになってくれたら幸いです。

 

振り込み先を間違えた直後の私の頭の中

何でこんなことになったのー!?

と叫びたい気持ちだったのですが、落ち着かなきゃ!!!とまずは、一生懸命自分自身を落ち着かせてました。

心臓がドキドキしながら、「落ち着け~」と言い聞かせるんですよね。

この一瞬の間に様々な考えが頭の中を駆け巡っていました。

hana
不思議と、頭が真っ白になるような時ってこうなりますよね。

えっ?そんな時ない?(笑)私はしょっちゅうです。

 

最初は、口座がハッキングされた!?

とビビッてたんです。

「やっぱりネットバンクって危なかったのだろうか・・・」

「だとしたら、他にも被害者がいるはず。」

 

そして、恐る恐る振込先の相手の名前を確認。

「これは本名か?」

と思い、グーグルに名前を入力すると、フェイスブックに3名の同姓同名が居る事が発覚!

 

「きっと、この中の誰かなんだろうな」

という思いと同時に、今度は「本名で悪い事するか・・・?」という疑問が沸いたのでした。

 

そして、銀行の振込履歴を見てみると・・・

 

!?★※

 

hana
私の操作ミスじゃん(/ω\;)

ということに気づきました。

 

 

どうやって振込先を間違えたの?

子供たちの楽天銀行の口座を開設したので、そちらに児童手当を振り込もうとしていたのです。

で、14時の幼稚園のお迎え前だったので、急いで振り込みの操作をしてたんですね。

hana
そんな時にするなよ!というツッコミは無しでお願いします。

ちゃんと番号も確認した(つもりだ)し、こんな間違いするわけない、というのが前提だったので、履歴を見ることもありませんでした。

しかも、金曜日に処理をしたので自動的に予約投稿となっており、月曜日の早朝に知る事となったのです。

 

スポンサーリンク

記事下

どうやって間違いに気づいたの?

月曜日の朝に住信SBIネット銀行のアプリから届いた通知により、振り込み間違いに気づきました。

 

朝6時にスマホに「振り込み完了しました」という通知が届いたのですが、これまた私はすっかり忘れていたので、

hana
何の振り込みだろう?

 

なんて、すぐさま確認したのですね。

そして、冒頭のような流れとなったのです。

 

 

 

間違って振り込みした場合の対処方法

では、間違って振り込みをした場合、どのような方法で返金をしてもらえればいいのでしょうか?

 

まず、方法としては2つあります。

  1. 組戻し手続き
  2. 本人同士でのやり取り

1.組戻し手続き

銀行から相手先の銀行に連絡をとってもらうやり方になります。

こちらは組戻し手続きの手数料を支払えば、銀行側に全てお任せできる方法です。

お任せ出来るので簡単ですが、相手が了承しないと返金はできません。

また、組戻し手続きには手数料がかかり、それは返金の有無には関係ありません。

振込実行後にお客さまのご都合により振込資金の返却を依頼する場合は、組戻しの手続きが必要になります。組戻しのお手続きをする場合は、カスタマーセンターへ連絡してください。組戻しは手数料864円がかかり、また、お受取人の承諾が得られない場合など、ご資金が返却されない場合もあります。

ご注意事項

  • 組戻しの場合、振込先の金融機関を通じて振込受取人に連絡をとるため、手続きに時間がかかることがあります。
  • 組戻しの場合、振込資金の返却いかんに関わらず、振込手数料と組戻し手数料は返却されません。

ヘルプ/住信SBIネット銀行

 

2.本人同士でのやりとり

もう一つが、銀行より相手の連絡先を聞いて、直接コンタクトを取る方法です。

直接のやり取りになり、銀行を経由しないので、手数料というのはかかりません。

hana
ただし、自力です。

カスタマーサービスのお姉さんに、「この方法でする人っているんですか?」と聞いたところ、

「はい、直接交渉されて返金された方も多くいらっしゃいます」と言ってました。

 

しかし、私は自力では不安なので、銀行からの組戻し手続きの方法でお願いする事に決めました。

 

以下、私が実際に行った方法をご紹介します。

 

1.銀行に連絡する

1にも2にもこれですよね。出来るだけ早く銀行へ連絡する事が大切です。

後に記載する、組戻し手続きというのは時間がかかりますので、「早めに連絡」が大切です。

 

また、これも当たり前の事なのですが、その口座を持っている本人でなければ手続きをする事はできません。

 

私は居ても立っても居られないので、すぐさま銀行に連絡したのですが、用件を聞くなり「本人様以外の申し出はできません」と言われました。

そこで、こういうケースは一般的にどのような手続きを行うのか?という事や、返却できない場合もある事をあらかじめ聞いておきました。

 

 

 

2.夫に連絡する

そして、いよいよ夫に連絡することに。

hana
怒られるなぁ・・・

と思いながらも、連絡してみました。

午前中だったのですが、運よく電話に出てくれて、端的に話しました。

hana
私、振込先間違えて入金しちゃって・・・で、銀行に連絡したら組戻しの手続きには口座本人が直接申し込まないと出来ないってことなんで、連絡してくれない?

 

夫は、「あ、うん。分かった」みたいなかんじの返事をし、「いつまでにしたらいいの?」と聞いてきたので、出来るだけ早くというのを伝えておきました。あと、電話受付の終了時間も伝えました。

その後、事の重大さに気づいたのか夫から連絡が入り、「夕方、16時には仕事切り上げて帰るから」とのこと。

 

「組戻し手続きの電話をすると言っても、状況が全然わからないから説明できない」という理由からです。

hana
ごもっともです。

 

 

3.夫から銀行へ連絡

そして、夕方夫が帰宅してから状況を再度伝え、まずは銀行へ連絡です。

本人確認も無事終わり、以下の了承をして組戻し手続きをしました。

  • 組戻し手続きの手数料として、864円かかること。
  • 振込先の銀行や受け取り人の承諾がないと返金はされないこと。
  • 返金の有無に限らず、手数料は発生すること。

 

 

次に待ち受けていたのは、夫からの尋問でした。

なぜこんな事になったのか?

いくら振り込んだのか?

 

なぜか?と改めて問われると、言葉に詰まります。

ただ、私の不注意だという事は分かります。ATMでの振込をした事のある方はご存知だと思いますが、振り込みを確定する前に相手先の口座名義が表示されます。

 

しかし、住信SBIネット銀行の振込では出てきません。

      ・

      ・

      ・

そんな事はございません。

しっかり振込前に相手の口座名義が記載されています。↓

ここ1年以上、夫婦の口座間(住信SBIネット銀行同士)でしか振替していなかったので、目に入っていなかったんでしょう。

hana
情けないやら恥ずかしいやら・・・後で気づきました(/_;)

      ・

      ・

      ・

それを説明すると夫は、

「どうして、ネット銀行にしたのか?こういう事を起こすのだったらネット銀行なんてやめろ」と口にしました。

 

また、組戻し手続きによる返金については、

「戻ってくる可能性の方が低い。銀行から連絡があっても「知りません」とシラを切られたら戻ってこないじゃないか」

 

そして、言いたい事を行った後、ため息をついて最後にこう言いました。

「今回お金が帰ってきたら、ラッキーくらいに思う。高い勉強代と思うことにする」と。

 

私は申し訳ないやら情けないやら、返す言葉もありませんでした。

「ホントにごめんなさい」という言葉しかでなかったですし、このような間違いをしてしまった自分自身にも驚いています。

 

 返金はいつされたのか

住信SBIネット銀行のヘルプやネット検索した記事を見てみると、組戻し手続きには3~4週間の期間を要するようです。

 

その間私は、心ここにあらずというかんじで打ちひしがれてました。

次の日の朝には、約束通り「組戻し手続きの手数料」が引き落とされており、アプリに通知が入っていました。

 

で、組戻しの返金分も入金の通知が届くだろうと待っていたのですが、待っても待っても通知がきません。

その間、生きた心地がせず何だか精神が不安定でした。

もしもの為に、今から

 

3月に入り、流石に遅いなぁと入出金履歴を見てみると、

 

あった!

 

組戻しできてました~(/_;)

 

もう、ホッとしたのやら何やら・・・。

 

そして、ホッとしたので今までの心労をすっかり忘れてしまい、夫に連絡してませんでした。

 

次の日に、夫から「そういえば、返金・・・どうなった?」と恐る恐る聞かれたので、

 

hana
入ってたよ。

 

と軽く返すと、

 

「おまえ・・・そういう事は早く言わんと・・・」と言い返されました。

hana
そりゃそうだ。

「私も昨日気づいたんよ。」

「あ、そうなん。実は、弁護士に依頼しようかと思って調べとったんよ。」

「私も、相手先の住所が分かったら、内容証明郵便を送ろうかと思ってた・・・」

二人「・・・」

 

という具合に、今回私の不注意で起こった大事件はこれで解決しました。

 

まとめ

大失態をしてしまったのですが、無事お金が返金されてよかったです。

ちなみに、相手先の方が間違って入金されたお金を使ってしまうと、詐欺罪や窃盗罪の罪に問われる事になるようです。

 

ですので、もしあなたが誰か知らない人からの入金があったならば、すぐに銀行から連絡が来るはずなので、組戻し手続きに承諾して下さいね。

間違えて入金した人は夜も眠れない日々を送っているかもしれません。

 

また、一時経って連絡が来なくてもそのままにせず、問い合わせてみて下さい。

最悪、相手がまだ気づいていないこともありますから。

 

そして、一番大切なのは、このような間違いをしない事です。

hana
耳が痛いですね。

 

住信SBIネット銀行自体はとっても使いやすいので、振り込む前に相手先を確認できるような仕組みが出来て欲しいと一利用者として願っています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-家計管理, 自分のこと, 資産運用, 銀行, 雑記
-

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.