ふるさと納税 節約

【ふるさと納税2017】ワンストップ特例申請書の書き方は?添付書類も必要なの?実際にやってみた

投稿日:2017年12月25日 更新日:

        

スポンサーリンク

記事下

いよいよ今年も年末が近づいてきましたね。

今日はクリスマスだけど、長男の幼稚園の修了式でもあります。

hana
明日から忙しくなるなぁ・・・

年賀状も書いてないし、大掃除も待ってます。やる事いっぱいです。

 

ところで、我が家では12月上旬の「楽天セール」にてふるさと納税をしました。

ふるさと納税はいつ寄付するとお得?12月の楽天セールを利用するとポイント還元率が多く返礼品のサービスも付くのでおススメ

今月の初旬に行われた楽天セールにて、ふるさと納税の寄付を行いました。ポイント還元を最大にするために、この日を待ってたんです。 我が家では昨年からふるさと納税をはじめました。 参考記事 ふるさと納税届き ...

続きを見る

注文画面には、「お届けには1か月以上かかります」とか、「1月以降のお届けに了承するボタンにクリックして下さい」なんて記載してあったからてっきり来年以降に返礼品が届くものと考えていました。

 

ところが、この年末になって3つ寄付した自治体のうち2つの自治体から返礼品が届きましたよ。

冷蔵庫の中はもう、返礼品でいっぱいです。他の肉類を冷凍するスペースは残されていません。

24日の夜にクリスマスのお祝いをしたので、昨日までアイスケーキも入ってました。よって、24日に届いたうなぎは外に出っぱなしでした。

hana
真冬で良かった

 

とまぁ、返礼品騒動?はあったのですが、ふるさと納税で肝心なのが「ワンストップ特例申請書」ですよね。

ワンストップ特例申請書とは?

ふるさと納税における、住民税(市町村民税+都道府県民税)の控除を申請するための申請書です。

 

こちらのスクショは、楽天市場のものです。

寄付する(買い物かごに入れる)前に、ワンストップ特例申請書の送付を希望するか、しないか選択できるようになっています。

基本、どのサイトでもふるさと納税を寄付する際にはこのように「ワンストップ特例申請書を希望するか否か」という欄があると思います。

「希望する」にチェックを入れると、自治体より「ワンストップ特例申請書」が送られてきます。

 

 

我が家では、今年は12月上旬に寄付をしました。

すると、返礼品が届く前の12月中旬頃にはいずれの自治体からも「ワンストップ特例申請書」が届きました。

「ワンストップ特例制度」というのは、ふるさと納税をした翌年の1月15日までに各自治体へ「ワンストップ特例申請書」を返送又は自分でダウンロードして郵送しなければいけません。

12月に寄付をするとギリギリです。

よって、返礼品よりも先に「ワンストップ特例申請書」を送ってくれるのはホントに助かります。

 

hana
流石に、昨年の12月31日に寄付した時は届かなかったです。

皆さんはもう少し余裕をもって寄付してくださいね。

 

ワンストップ特例制度が使えないこともあるの?

とっても便利なワンストップ特例制度ですが、使えない場合もあります。それは、以下の場合になります。

  1. 寄付した自治体が5つ以上ある場合
  2. 医療費控除の為、確定申告する場合
  3. 住宅ローン控除最初の年で確定申告する場合

 

収入が高くて沢山の自治体に寄付出来る人とか、家族が疾患を患っており毎年医療費が多くかかる人でなければ滅多に当てはまることはありません。

よって、ほとんどの人には「ワンストップ特例制度」が使えるんじゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

記事下

ワンストップ特例申請書の記入方法

ワンストップ特例申請書の様式については、自治体から郵送されてくる申請書も、各ふるさと納税のサイトからダウンロードする申請書も同じです。

 

しかも、自治体から送られてくる申請書の記入箇所は最低2か所(自治体によって違います)に、チェック欄が2か所、捺印1か所と簡単に終わってしまいます。

 

ちなみに、最低記入箇所というのは、記入日個人番号になります。自治体によっては、生年月日を記入しなければいけないところもあります。↓

※上写真は、泉佐野市のワンストップ特例申請書になります。

 

捺印は、氏名の横に押します。

最初から氏名が記入されているので、捺印を忘れないようにしてくださいね。

そしてそして、忘れちゃいけないのが2か所あるチェック欄です。

※上写真は、泉佐野市のワンストップ特例申請書になります。

 

申請書の真ん中の辺りにあるので、☑をつけます。

以上で、ワンストップ特例申請書の記入は終了しました。

 

ワンストップ特例申請では添付資料も必要

※上写真は、泉佐野市から送られた書類になります。

 

ワンストップ特例申請では、ワンストップ特例申請書の他にも【本人確認書類】の添付が必要になります。

書類の種類によって、1種類~3種類の確認書類のコピーが必要になります。

  1. マイナンバーカードの両面コピー
  2. マイナンバー通知カード又は住民票(個人番号付き)のコピー+顔写真入り身分証明書の1点をコピー
  3. マイナンバー通知カード又は住民票(個人番号付き)のコピー+いずれか2点のコピー

 

マイナンバーカードの両面コピー

マイナンバーカードを作っている人は、このカードだけでOKです。両面をコピーし、ワンストップ特例申請書と一緒に送られてくる台紙に貼り付けます。

 

マイナンバー通知カード又は住民票(個人番号付き)のコピー+顔写真入り身分証明書の1点をコピー

マイナンバーカードがない人は、通知カードor住民票を使います。どちらも個人番号がきちんと写っていることが条件です。

住所変更をしている場合は、通知カードの裏面もコピーしましょう。

顔写真入り身分証明書は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(H24年4月1日以降に発券されたもの)
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

とにかく、氏名と顔写真入りで個人が識別できればOKのようですね。

大体の人は運転免許証でいけそうです。

 

マイナンバー通知カード又は住民票(個人番号付き)のコピー+いずれか2点のコピー

通知カードと住民票については上記の条件と同じですが、顔写真入りの本人確認書がない場合は以下の書類のコピーが2点必要になります。

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 国税・地方税・社会保険料・公共料金の領収書
  • 納税証明書

 

いずれの本人確認書類も、自治体によって送られてきた台紙にコピー分を貼り付けます。

hana
ただ、超めんどくさがりな私は【コピー・貼り付け】という作業が面倒くさかったりします。

 

これでワンストップ特例申請書を出す準備はOK?

はい、ここまで出来たら後は封筒に入れて返送するだけです。

ワンストップ特例申請書と一緒に返送用の封筒まで同封されているので有難い限りです。

中には、折り紙のように自分で折って封筒を作る自治体もあります。

 

いずれにしろ、自治体から送ってもらうと切手代とハガキ代がかかりません。

hana
至れり尽くせりです。

 

納税した後処理も簡単なふるさと納税なので、ほんとおススメです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-ふるさと納税, 節約
-, ,

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.