発達障害グレーゾーン 長男

【発達障害グレーゾーン】目に入った物はすべて欲しくなる執着心の強い長男

投稿日:2018年1月11日 更新日:

        

スポンサーリンク

記事下

こんにちは。

やっと・・・やっと長かった冬休みが終わりました。(ホッ)

 

これで溜まっていた仕事に取り掛かる事が出来るー!!!

いつ、チーフから「早くして下さい」と連絡がくるかとヒヤヒヤしながらこの数日間過ごしましたが、まだ連絡は来ていません。

幼稚園に行ってる間(といっても、始業式なので数時間)に済ませるぞー!という私の仕事はじめでした。

 

長男に対して感じていることの一つ

さて、ここ最近長男に対して感じるのは、

「目に入った物・事柄全てに対して執着する」

ということです。

 

スーパー等のお店に行けば、あれが欲しい・・・

お友達が持ってるモノも欲しい・・・

テレビを付ければ、コレにする・・・

妹のおもちゃ(ペンダントとか、女の子向け)でさえ自分の物にしたい・・・

 

など、きりがないんです。

 

つまり、目に入ったものやサービスなどは全て欲しいということです。

 

コレ、本当に困ります。

 

例えば、買い物に行って自分の好きなお菓子を買ってもらったら、誰でも嬉しくて自分で持っておきたくなりますよね?

それが普通です。

しかし、長男の場合は、自分が選んだ野菜とか自分でナイロン袋に入れた食材とか、自分が〇〇した物に対しても執着心を見せます。(関わったもの全てにおいて)

そして、自分でレジのおばちゃんに「はいどうぞ」と持っていきます。そして自分に返してくれないと文句をたれます。

 

私や長女が途中で持とうとすると、かなり怒り狂います。

 

過去にも今にも、お菓子以外の物を持とうとする子なんて見たことがないです。長女は、おやつや自分の好きな果物くらいしか持とうとしませんから。

 

 

テレビの影響もある

また、テレビ(特にアニメだけの放映であるキッズステーション)では、おもちゃやお菓子のCMをよくやっているので、全て欲しくなるようです。

「コレ、ぼくの」

「あ、次のサンタさんに頼もう」

とか言ってます。次のCMで別のおもちゃが出てくると、

「やっぱりさっきのやめた。コレにする」

とか、とにかく一人で喋りまくってます。

hana
私と喋っているようでは無く、ただ自分の頭に浮かぶ事を口に出しているだけのようです。

後で出てきたおもちゃの例として、赤ちゃん用のアンパンマンのごっこ遊びだったとしてもそうなります。

 

私が、下記のように尋ねると、

hana
・・・ベイブレードが欲しいんじゃなかったの?

 

「うん、やめたよ」とか抜かします。

 

hana
コイツ・・・

ってマジで腹立つ瞬間でもあります。

 

実は、少し前に事件(笑)があったのです。

 

スポンサーリンク

記事下

きりがないおもちゃへの執着

最近、我が家ではお手伝いをしてシールを貯めると「何やら”いいもの”が貰えるよ」というシステムを取り入れています。

hana
トークンと呼ばれています。

ページごとに、5個~10個のシールが貯まればゴールするようになっています。

トークン表なんていうシール台帳は手作りでも作ることが出来るので、私も過去手作りしました。

しかし、ペラペラの普通の紙じゃあ、長男の手にかかればすぐにクシャクシャ!ゴミみたいにその辺にほったらかしにされ破れてしまうので、結局ネット通販で購入しました。

 

クリスマス以前に長男の誕生日があったので、兼ねてから欲しいと言っていた仮面ライダービルドのベルトを買ってあげてたのでした。

で、クリスマス前にそのシールがいっぱいになったので(10個の方)、クリスマスだし軽くサンタブーツのお菓子or仮面ライダービルドのフルボトル(どちらも1,000円弱)買ってあげようかな~?と考えたのでした。

 

で、本人に聞くと「ビルドの〇〇〇〇フルボトルがいい!」という事だったので、わざわざ少し離れたスーパーまで夕方買い物に出かけました。

hana
実は、ここに至るまでも色々あったのでした・・・大変だった・・・

しかし、〇〇〇〇フルボトルと言っていたのは、私が考えていた通常のものではなく、その3倍もする値段でした!!!

hana
これは・・・(ワナワナ)

 

ですが、すでに買ってあげると言って、わざわざ夕方に買い物に出かけたのに、ここで買わなかったら私が嘘つきということになります。

よって、しぶしぶ購入したのでした。

hana
かなりショックでした。どんなものかリサーチしとけばよかったです。

ただ、条件はつけて購入しました。

hana
パパとママから買ってあげるビルドのおもちゃはこれで最後だよ。わかった?

口約束ですが、その約束を何回も繰り返して本人にも伝わってから購入に至りました。

 

そんなこんなで買ってあげたおもちゃだったのですが、冒頭でも説明した通り、目に入る物何でもかんでも欲しがる長男です。

他のおもちゃも欲しくなるので、日々「〇〇買ってもいい?」とか、何かでみかけると「ボクも欲しい」ってねだってきます。

その度に、

hana
この前、約束したよね!あれが最後だっていったじゃない。

〇〇〇〇フルボトルはどうするの?要らないの?

と私が言うと、「要らない!」って言います。

 

もう、私も頭にきて

hana
欲しいって言ってたのは誰?捨てちゃうよ!?

と聞くと、さらりと「いいよ」って・・・

 

「だめ~」って返してくるかと思いきや、想定外の返答。

更に頭にきて、

hana
〇〇は約束守れないんだね。〇〇が欲しいっていうから買ってあげたんだよ。そんなに物を大事にできない子なんてママは知らないよ。

もう、〇〇〇〇フルボトルは捨てるか売るからね!そして、何にもおもちゃは買ってあげない!

と言うと、「何で買ってくれないんだよー!!!」と泣き叫ぶのが一時続きます。

hana
このやりとり、1回ではないんです。数回はありました。

 

 

自分が〇〇〇〇フルボトルを要らないと言えば、ママが新しいおもちゃを買ってくれると思っているようです。

私の幼少期は、買ってくれたおもちゃは肌身離さずに持ち歩き、すごく大切にしていました。そしてボロボロになるまで使い続けてました。

 

長男とは考え方が全く違うので、ホント理解に苦しみます。

手に入れる事が楽しみみたいのようです。

手に入れると眼中になくなります。

hana
買い物依存症もそんな感じですよね。

ということは、買い物依存症になりやすいのは発達障害の人っていう可能性もあるのかな・・・?

 

家の中のガラクタでさえ、触ったら怒ります。

自分が手に取って遊ぶものは全て自分の物だと認識しているようです。

hana
お前のものは俺様のもの。俺様のものは俺様のもの。ジャイアンそのものです。

 

 

 

おもちゃの遊び方と片付け

普通、おもちゃはその通りの遊び方をする人が大半を占めると思いますが、長男は違います。

その辺にあるおもちゃを全部使って、全く違う遊び方にしてしまいます。

また、ため込む習性もあるので、自分のバッグやら引き出しからナップザックなどをとってきては、種類ごとに片付けてあった細々としたおもちゃを全部ひっくるめてそれらのバッグに入れて持ち歩いて遊びます。

 

持って移動する為、部屋の至るところにそのおもちゃたちが散乱して部屋はぐちゃぐちゃになります。

足の踏み場も無くなった部屋を見て、私が驚愕!!!で、片付けを促すと、

「(ベッドに倒れ込みながら)しんどいから、嫌だ。」

という返事です。

hana
出したのは〇〇でしょ!?片付けが出来ないんだったら、最初から出さないで!

と何回言っても効果なし。

更には、「ママが片付けて~。」

hana
はっ!?

と言いたくなるような事を平気で言います。(思わず言ってしまう事もあります)

片付けは「お手伝いではない」のでシールが貰えず、モチベーションが上がらないようです。

追記

現在は、片付け含め生活習慣をきちんと出来ない場合は、すでに貼っているお手伝いシールを没収するという形(ペナルティとして)で対応しています。

 

話がそれてしまいましたが、とにかく全て自分の物にしないと気が済まない長男。

しかし、その割にすぐ飽きて忘れてしまうのも特徴です。

 

 

大事なおもちゃでもすぐに忘れる

少し前にお祭りのくじで当たったビービー弾。

かなりお気に入りだったようですが、ある日長女が壊してしまったのを発見(長男は知らない)し、私が内緒で捨ててしまいました。

しかし、長男はビービー弾の存在をすっかり忘れており、1回もビービー弾の行方を聞いてくることはありませんでした。

 

長男は、ホントにその場その場を生きていると言っても過言ではありません。

hana
認知症患者と同じ?

その時思いついたこと、楽しかった事、嬉しかった事、嫌な事、悲しかった事、欲しいものだけで頭の中が構成されています。

よって、今頭の中にある事で全てがいっぱいになります。

hana
今頭の中にある事でいっぱいいっぱいになる・・私もその特徴があります・・・。

そして、それらを忘れるスピードがかなり速い。

 

よって、何か物がほしい時はどうやっても欲しいので、泣いたりわめいたり、暴言吐いたり、暴力したりします。

それでもどうしようもないとなると、更にこれら↑を組み合わせて全力で抵抗してきます。

 

そうなると私には手に負えないので、テレビを付けてアニメを見させたり、別に何か面白い事を提案します。すぐに機嫌が直る(というか忘れる)のです。

別の何かに興味が沸いたら、それまで泣こうがわめこうがしていてもコロッと変わります。

 

hana
あ~疲れる。

と思いながら、こんな事で将来どうなる事やら・・・と心配が尽きません。

 

私がトークン用のシール帳として使っているのはこちらです。

 

 

厚手のツルツルとした素材で、ミニオンズ以外の商品はブック型となっています。

これでも、すでに長男はバラバラにしておりますが・・・うすっぺらい紙よりは断然使いやすいです。

シールも付いてるし、子供達のモチベーションアップにも一役かってるので買ってよかった商品NO.1かもしれません。

 

ファインディング・ドリーから長男の特徴を洗い出してみました。

ドリーはADHDという名の発達障害?「ファインディング・ドリー」を見て息子とドリーを重ねてしまった

新年、明けましておめでとうございます。   また、このブログ「なないろLife」と田舎に住む育児奮闘中の主婦が資産運用しながら貯蓄・貯金に励むブログの方も応援よろしくお願いします。 &nbs ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-発達障害グレーゾーン, 長男
-,

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.