ヘアケア 日用品

【シャンプー解析】ボタニカルシャンプー「ボタニスト」の人気をぶった切る!

投稿日:2018年1月10日 更新日:

        

スポンサーリンク

記事下

hana
こちらの記事は、2016年の夏に別ブログにて記事にしていたものです。

楽天で買い物しようとアプリを開けてみると、目の前のテロップに、2016年上半期ランキングなるものが見えたので、思わずポチっとしてみました。

hana
買うか買わないかは別として興味はあるのです。

なんと、第1位がシャンプーではありませんか。それも、総合ランキングのです!

美容ジャンルでシャンプーが1位っていうのもすごいですけど、全ジャンルの中での1位ですから、これは驚きです。

どんなシャンプーなんだろう?と思い、サイトへ飛んでみました。

 

追記(2018年1月10日)

2017年には、ELLE読者が選ぶベストコスメ・ヘアケア部門で3位を受賞しておりました。

hana
すごい勢い・・・。この記事、かなりディスってますけどごめんなさいね。

 

ボタニカルシャンプー「BOTANIST]

f:id:chip600219840228:20160726155827p:plain

何だか、おばちゃんも含めて女子のハートをわしづかみにしそうなネーミングです。

 

そもそもボタニカルってどういう意味?

商品名の一部にもなっていますが、ボタニストとは、ボタニカルなシャンプーということだそうです。

でも、ボタニカルってどういう意味だ?と気になったので、ぐぐってみました。

ボタニカルを直訳すると、「植物の、植物学の」という意味だそうです。

これを意訳すると、「ボタニカルシャンプー」=「植物由来の成分を取り入れたシャンプー」となります。

まぁ、最近のシャンプーについては、こんな植物が入ってますっ!てアピール合戦のように主張してますので、さほど目新しいシャンプーでもなさそうです。

でも、英語で「ボタニカルシャンプー」と書くと、何か髪にもいいような気がしますよね。

 

この紹介文で私も買いそうになりました(汗)

 

ボタニカルシャンプー「ボタニクス」の成分は安全なの?

そんなに人気のあるシャンプーなんだったら、私も使ってみたい!

しかも、値段が1本490ミリで1500円です。

薬局に売っている市販品に比べると高いと思いますが、最近は薬局でも、比較的高額なシャンプーも出ているので、手が届かない値段ではありません。

hana
薬局での高額シャンプーに入る部類ですが、高級シャンプーに比べると比較的お手頃です。

早速成分チェックしてみます。

 

「ボタニスト」シャンプー全成分

【モイスト】
水・グリセリン・コカミドプロピルベタイン・ココイルメチルタウリンNa・ラウロイルメチルアラニンNa・ラウラミドプロピルベタイン・ラウロイルサルコシンNa・ラウレス-4カルボン酸Na・ココイルグルタミン酸Na・デシルグルコシド・グリチルリチン酸2K・サトウキビエキス・セラミド2・PEG-30フィトステロール・加水分解ヒアルロン酸・加水分解コラーゲン・コカミドMEA・リンゴ酸・メントール・ポリクオタニウム-10・エタノール・BG・DPG・セテアレス-60ミリスチルグリコール・PPG-4セテス-20・EDTA-2Na・メチルイソチアゾリノン・メチルクロロイソチアゾリノン・香料

【スムース】
水・ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン・ココイルメチルタウリンNa・ラウロイルサルコシンNa・コカミドプロピルベタイン・ラウレス-4カルボン酸Na・セラミド2・加水分解ヒアルロン酸・PEG-30フィトステロール・サトウキビエキス・グリチルリチン酸2K・加水分解ケラチン(羊毛)・デシルグルコシド・コカミドMEA・ジステアリン酸PEG-150・リンゴ酸・PEG-400・ポリクオタニウム-10・メントール・BG・DPG・PPG-4セテス-20・EDTA-2Na・塩化Na・エタノール・メチルイソチアゾリノン・メチルクロロイソチアゾリノン・香料

ボタニスト公式サイトより抜粋

この「ボタニスト」には、”モイスト”と”スムース”の2種類があります。

まず、シャンプーの成分で一番大切なものは洗浄剤です。

シャンプー選びで最も大切なのは〇〇だよ!それを知るだけであなたの髪は蘇る

前回、シャンプー選びは消去法で!ということで、このような お話をさせて頂きました。 そこで、今回はシャンプー選びの要となる洗浄剤について語っていこうと思います。   やっぱり肌に優しかったア ...

続きを見る

水の次に一番多く添加されてる成分が洗浄剤になります。これが、あなたの髪や地肌の運命のおおよそを左右していると言っても過言ではありません。

どうやって確認するかというと、成分表は、一番多く入っているものから表示してますので、水の次に記載されている成分を見ます。

”モイスト”と”スムース”は少し成分が違いますので、別々に見ていきますね。

”モイスト”は「コカミドプロピルベタイン」~「デシルグルコシド」までが洗浄剤になります。たくさんの洗浄剤を組み合わせてますが、肌に優しい成分で構成されてます。

あれ?水の次の成分は?と、するどい方は気づいたと思いますが、グリセリンは保湿剤になりますので、洗浄剤ではありません。

普通は、水の次に洗浄剤が入るシャンプーが多いのですが、このシャンプーは”モイスト”として保湿重視で売り出しているため、”スムース”との差別化を図ったのだと思います。

 

ですので、本当にしっとりさせたい人にはいいかもしれませんが、ふわっとしたい人には、ぺったりしすぎるかもしれませんね。

私はふわっと仕上げたい方なので、こっちではないなぁと思い、”スムース”の成分へGOです。

”スムース”は、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシンとまぁ覚えられない長い名前が続いていました。

簡単に言うと、アミノ酸系の両面活性剤です。

特徴としては、洗浄力はあるのに低刺激、指通りがよくなり、きしみを緩和してくれます。

また、カラーの脱色をしにくくする効果もあるようです。

 

 

最後の最後でショック!EDTA-2Naとは。

そのまま、成分表を下まで読んでると、なんと、最後の方に「EDTAー2Na」を発見!

この「EDTAー2Na」とは、皮膚、粘膜、目を刺激し、アレルギーを誘発する物質で、旧表示指定成分として国から認定されています。

 

品質の劣化や保存性を高めるため、また水に含まれている金属イオンを封鎖することで、泡立ちや洗浄力をアップさせる働きがあります。

色んな生活用品に添加されているようですが、皮膚や粘膜、目を刺激するほど強い成分なので、絶対に使いたくありません。

 

そして、最後に記載されている香料はどうやら合成香料のようですね。

私は合成香料が大のニガテです。強すぎると頭が痛くなってしますのです。

これで、シャンプーは断念しました。

 

 

では、トリートメントはどうなのか?

かなりがっかりしてしまったのですが、ここまできたらトリートメント成分も見てみよう!ということで目を通してみました。

「ボタニスト」トリートメント全成分

【モイスト】
水、 ジメチコン、 セテアリルアルコール、 グリセリン、 ベヘントリモニウムクロリド、 マカデミアナッツ油、 オレイン酸オレイル、 ビスセテアリルアモジメチコン、 セラミド2、 PEG-30フィトステロール、 ヒアルロン酸Na、 アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、 加水分解ヒアルロン酸、 加水分解コラーゲン、 ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、 リンゴ酸、 セタノール、 BG、 DPG、 PPG-4セテス-20、 イソアルキル(C-10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、 ステアルトリモニウムクロリド、 ベヘントリモニウムメトサルフェート、 エタノール、 イソプロパノール、 アミノプロピルジメチコン、 メチルイソチアゾリノン、 メチルクロロイソチアゾリノン、 香料

【スムース】
水、セタノール 、ジメチコン、グリセリン、DPG、ベヘントリモニウムクロリド、アボカド油、セラミド2、加水分解ヒアルロン酸、PEG-30フィトステロール、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、加水分解ケラチン(羊毛)、ヒアルロン酸Na、ジリノール酸ジイソプロピル、イソステアリン酸イソステアリル、リンゴ酸、乳酸、BG、ステアルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムメトサルフェート、PPG-4セテス-20、イソプロパノール、シクロペンタシロ キサン、(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマーアモジメチコン、 メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

ボタニスト公式サイトより抜粋

 

一番多く添加されている成分がジメチコン(スムースはセタノールの次になりますが)になります。

この成分は言わずと知れた「シリコン」になります。

hana
この他にも赤色で表記されている成分については、全てシリコンになります。

 

 

シャンプーは、エデト酸を除くといい感じだったので、トリートメントで残念になってしまいました。

きちんと栄養とって、いいシャンプーを使っていれば、髪はピカピカのツヤツヤ、サラサラになります。

あんなに細い髪の毛だった私も、食生活の改善やいいシャンプーを使うことで、今では太くまっすぐな髪となりました。

ボタニストは、シャンプーはまだいい方ですが(エデト酸を除き)、トリートメントは市販シャンプーとクオリティーが変わらないです。

それだったら、こちらのトリートメントの方が同じ値段ですが良かったですよ。

【シャンプー解析】U-REALM(ユーレルム)アンバーグレイスのトリートメントを試してみた口コミレビュー

基本的に私は薬局でシャンプー・トリートメントを購入しません。   なぜなら、市販のシャンプーのほとんどが 「洗浄力の強い、ラウレス硫酸ナトリウムを使用している」 からです。 具体的にはこちら ...

続きを見る

販売・口コミで人気なシャンプーだけにがっかりでした。

hana
買う前で良かった~。

 

シャンプー選びは難しい?

シャンプー・トリートメントの危険な成分って何?シャンプー選びの基準は消去法でいく!

私は”家族の健康”ということで、食品選びに始まり、身の回りの日用品や洗剤までこだわっています。   シャンプーやコンディショナーも例外ではなく、「子供に安心・安全をモットー」に商品選びをして ...

続きを見る

市販のシャンプーをおすすめ出来ない理由

私は現在、市販のシャンプーを購入しておりません。 ここで言う「市販」とは、【ネットやカタログ通販などを使わずとも、ドラッグストアで手に入ってしまう商品】という事にしておきましょう。   &n ...

続きを見る

シャンプー選びで最も大切なのは〇〇だよ!それを知るだけであなたの髪は蘇る

前回、シャンプー選びは消去法で!ということで、このような お話をさせて頂きました。 そこで、今回はシャンプー選びの要となる洗浄剤について語っていこうと思います。   やっぱり肌に優しかったア ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-ヘアケア, 日用品
-, ,

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.