ヘアケア 口コミレビュー 日用品 美容

【アロマキフィの成分解析】アロマキフィ ローズ&ジャスミンの口コミ評価!更にリニューアル前後のトリートメント比較を徹底レビュー

投稿日:2018年2月19日 更新日:

        

スポンサーリンク

記事下

アロマキフィ には3つの種類があります。

  1. サラサラの手触りになる「MOIST&SMOOTH(モイスト&スムース)」
  2. ふわりとした髪になる「MOIST&AIRY(モイスト&エアリー)」
  3. ダメージケアに特化した「DAMAGE CARE(ダメージケア)」

今回はその中では一番高価である「DAMAGE CARE(ダメージケア)」を使ってみての口コミ評価をしてみたいと思います。

また、トリートメントについては新旧商品の比較もしているので、是非購入を検討されている方については参考にしてみて下さい。

 

アロマキフィ ローズ&ジャスミンの購入に至った理由

まず、先ほども言った通りアロマキフィには3つの種類があります。

最初に購入したのは、リニューアル前の「モイスト&エアリー」でした。

関連記事

アロマ キフィがリニューアル!リニューアル前と成分は何が違うの?

 

フワっとした髪に憧れて購入したのものの、次の日になるとパサパサとしてしまい、失敗だったかなぁと遠のいていました。

ただ、そこらで売っているシャンプー&コンディショナーに比べるとガイヤ・エヌピー(会社名です)のものは、成分もいいし、お値段もお手頃なんです。

hana
天然精油を使用しているところもgoodです。

モイストエアリーについては、大好きなイランイランとゼラニウムの香りなんですが、洗った後何だか臭くなるような気が・・・?

洗った後の娘の髪の毛をクンクンしてみると、やはり「いい香り」とは思えない。

 

ということで、今回はダメージヘア用に特化している「ダメージケア」を購入してみました。

 

アロマキフィ ローズ&ジャスミンの成分解析(シャンプー)

それでは、アロマキフィ シャンプー(ローズ&ジャスミン)の全成分になります。

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、プロパンジオール、ココイル加水分解大豆タンパクK、パーム核脂肪酸アミドDEA、ココイルグルタミン酸Kジラウロイルグルタミン酸リシンNa、加水分解コメタンパク、PCA-Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ビート根エキス、イヌラクリスモイデ花/葉エキス、リモニウムゲルベリエキス、ノバラエキス、セージ葉エキス、タイムエキス、ラベンダー花エキス、ローズマリーエキス、レモングラス葉/茎エキス、カミツレ花エキス、クエン酸、アシル(C12、14)アスパラギン酸TEA、ポリクオタニウム-10、カプリル酸グリセリル、テトラオレイン酸ソルベス-60、BG、グリセリン、カプリルヒドロキサム酸、クエン酸Na、乳酸Na、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、DGP、香料、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

 

シャンプーの第一条件としては、やはりアミノ酸の洗浄剤(赤色)を使用している事です。

泡立ちの良くなるベタイン系洗浄剤も配合されていますね。

保湿剤としてよく利用されているグリセリンの代わりに、プロパンジオールを配合しています。

プロパンジオールは、天然成分から作られてアレルギー反応も起きにくい安全な成分として確立されており、天然派の商品に多く含まれています。

hana
保湿だけでなく、抗菌効果もあるようですよ。

 

プロパンジオールと同じ役割としての成分であるPG(プロピレングリコール)は、刺激が強めであることから、最近はその副産物であるDPGが多く使われるようになっているようです。

 

しかし、シャンプーやコンディショナーなど洗い流すタイプの化粧品についてはまだまだPGを配合している商品をよく見かけます。

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンNaについては、天然の油脂(ラウリン酸)と、アミノ酸(リジン)を合わせた成分になり、保湿力に長けています。

シャンプーだけでなく化粧品にも入っており、私の使用しているエトヴォスのミネラルファンデーションにも入ってます。

 

そうそう、アミノ酸自体(ピンク色)もたくさん配合されていますね。アミノ酸洗浄剤と重なって訳が分からない人もいるかもしれません。

 

アミノ酸洗浄剤とアミノ酸は違うの?

アミノ酸洗浄剤はその名の通り、シャンプーを泡立たせて頭皮の汚れを落とす界面活性剤です。

アミノ酸シャンプーと呼ばれているものは、アミノ酸の洗浄剤を使っているシャンプーの事を指します。

 

一方、アミノ酸は髪に浸透して修復したり保湿してくれる成分です。

元々、人の身体はたんぱく質(アミノ酸)から出来ているので、なじみがいいんですね。

 

保存料は?

保存料については、最後にフェノキシエタノールが入っています。

最後に記載されているあたりから、最低限の量を配合していると見られます。

リニューアル前のアロマキフィ(モイスト&エアリー)でも特に問題が無かったので、今回は重要視していません。

 

香料

アロマキフィでは当たり前ですが、天然の香料を使用しています。

モイスト&エアリー(旧商品)では洗っている時の香りは良かったのですが、流した後の香りで残念感があったので、こちらに期待したいと思います。

 

どうしてもモイスト&エアリーの香りが好きだから使いたいという人は、uruotteプチトライアルもおススメです。

こちらの商品もアミノ酸洗浄剤を使用しており、何とシャンプー、コンディショナーがオールインワンとなっています。

洗い流さないトリートメント(かなりいい成分)もあるので、定期的にお手入れしていけばピカピカの髪になります。

 

何より、香りがモイスト&エアリーに似ているんです。精油の種類はuruotteの方が種類多く配合されていますが、香りが強く出ているのが、イランイランとゼラニウム、あと最後にすこ~しミントのスッキリ感があります。

 

スポンサーリンク

記事下

アロマキフィ ローズ&ジャスミンの成分解析(トリートメント)

次に、アロマキフィトリートメント(ローズ&ジャスミン)の全成分をご覧ください。

旧商品と新商品を比較してみます。

アロマキフィ(ローズ&ジャスミン)(旧商品)

水、水添ナタネ油アルコールベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、ビス(ダイズ油脂脂肪酸/ナタネ油脂肪酸)エチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、プロパンジオール、ラウリン酸メチルヘプチル、セバシン酸ジエチルヘキシル(C13-15)アルカン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリルグルコシド、ヒメフウロエキス、γ-ドコサラクトン、アンズ核油ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、キャンデリラロウ、イソステアリン酸イソステアリル、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、(水添ロジン/ジイソステアリン酸)グリセリル、トコフェロール、香料、BG、DPG、フェノキシエタノール、エタノール

 

アロマキフィ(ローズ&ジャスミン)(新商品)

水、ベヘニルアルコールベヘナミドプロピルジメチルアミン、ミリスチルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ラウリン酸メチルヘプチル、アンズ核油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、スクワラン、コハク酸ジヘプチル、γ-ドコサラクトン、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、ベヘントリモニウムメトサルフェート、セバシン酸ジエチルヘキシル、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ビート根エキス、イヌラクリスイデ花/葉エキス、リモニウムゲルベリエキス、ノバラエキス、セージ葉エキス、タイムエキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、レモングラス葉/茎エキス、カミツレ花エキス、セタノール、ポリクオタニウム-10、ヒドロキシステアリン酸水添ヒマシ油、(カプリロイルグリセリン/セバシン酸)コポリマー、キャンデリラロウ、ポリエステル-11、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、BG、グリセリン、クエン酸、香料、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

 

旧商品(リニューアル前)と新商品(リニューアル後)の違い

まず、水の次に一番多く使われている成分が違います。

旧商品は水添ナタネ油アルコールになり、新商品はベヘニルアルコールになります。

これらの実際の使用感などは後ほどレビューしていきますので、まずは成分解析です。

 

乳化安定剤

水添ナタネ油アルコールは、ナタネ油に水素添加したもので安定性と安全性がしっかりしたものです。

ベヘニルアルコールもナタネ油から作られる成分になり、安全性も高いです。

これらは、主にトリートメントの乳化安定剤として配合されています。

 

静電気防止剤

次に多く配合されているのが、ベヘントリモニウムクロリド(旧商品)、ベヘナミドプロピルジメチルアミン(新商品)になります。

どちらもひまし油から作られたもので、静電気防止剤として髪のコンディショニングの役割をします。

前者は、4級カチオン界面活性剤といって静電気防止剤の中では一番刺激が強い部類になります。

後者は、3級カチオン界面活性剤になり、4級カチオン界面活性剤よりは刺激が低いです。

つまり、新商品はより刺激を抑えた成分を配合しているということになりますね。

しかし、これでも全く刺激がないわけではありません。ただ、これよりも刺激の少ない静電気防止剤を使用しているトリートメントはかなり限られてきます。

hana
この成分については追記にいろいろ書いてます。

 

ポリマー(シリコン)が入ってるの?

新商品に(カプリロイルグリセリン/セバシン酸)コポリマーと記載されていて一瞬ドキッとしたのですが、これは、ひまし油とヤシ油から作られたオイルになるので、一般的なポリマー(シリコン)とは違うようです。

 

その他の違い

その他の旧商品と新商品の大きな違いというと、新商品には植物エキスが多く配合されていることです。

これによって、髪に直接効果があるものではないと思いますが、頭皮に対してはいいのではないでしょうか?

また、新商品ではアンズ油の配合量が多くなっていることや、スクワランが新たに配合されているのもポイントが高かったです。

 

アロマキフィ ダメージケア(ローズ&ジャスミン)の口コミレビュー

アマゾンでアロマキフィを調べたのですが、まずどれが旧商品(リニューアル前)か新商品(リニューアル後)なのかの違いが分かりませんでした。

hana
モイスト&エアリーはパッケージが全く違うので分かりやすいのですが、ローズ&ジャスミンはパッケージが似すぎて違いが分からなかったんです。

 

で、旧商品も新商品も結局購入してみたんです。

hana
旧商品がその時安かったってのもあります。

 

ローズ&ジャスミンの外観

白いボトルなので、中身は見えません。

近頃は、薬局なんかで売っているシャンプーの外観が華やかで豪華になってきていますが、あくまでシンプルです。

 

シャンプーの色は、無色透明でした。

 

シャンプーの香り

さすがはアロマキフィ、花の濃厚な香りでした。

ただ、単体のバラの香りやジャスミンの香りを想像すると、ちょっと違うと思います。

我が家にジャスミン精油ありますが、それはジャスミンの花の香りに近いです。バラの精油と重ねるとこういった濃厚な香りになるんでしょうか。

でも、どこかで嗅いだことのある香りだな・・・と過去の記憶を辿ってみると、思い出しました。

何年も前にアイハーブで購入したジャスミンバームです。

 

人によって、「ジャスミンのいい香り」だったり「トイレの芳香剤のような香り」とレビューがまちまちです。

 

私的には、このローズ&ジャスミンの香りは「あり」でした。

近くで香りを嗅いでもちっとも平気で、気分が悪くなるなんて事もありません。

hana
私は合成香料の香りを嗅ぐと気分が悪くなるんです。

 

エッセンシャルオイルの香りには慣れているので、濃厚な香りがすると贅沢な気分になります。

 

 

シャンプーの使い心地

シャンプーの泡立ちはかなりいいです。

ですので、家族4人で使っても数か月以上持ちコスパもいいです。

 

汚れが落ちてるか?と聞かれると、現在季節は冬でして実際のところは分かりません。

ただ・・・アロマキフィ(イランイラン&ゼラニウム)のリニューアル後のシャンプーを夏ごろ使ってみたのですが、頭皮や髪のトラブルは無かったです。

hana
新商品、レビューしてないですね。近いうちにします。

 

洗い流した後は、髪の毛がつっぱることがなく、「シャンプーだけでもいけるんじゃない?(リンスいらないんじゃない?)」と思わせるような仕上がりです。

「キュッキュッ」と音がするまでスッキリと洗いあげたい人にはアロマキフィはそもそも無理です。

 

スポンサーリンク

記事下

トリートメントの新商品と旧商品の比較

トリートメントについては、リニューアル前(旧商品)とリニューアル後(新商品)の違いを比較しながらレビューしてみます。

見た目はこの通り、分かりにくいです。左が旧商品、右が新商品にな

 

 

トリートメントの香りやテクスチャ

新商品と旧商品の違いは一目瞭然です。

旧商品は、トロッとしたテクスチャーで緩いのですが、新商品はポンプから出した跡がしっかり形になっています。

 

トリートメントの香り

旧商品は、シャンプーと同じような濃厚な香りの中に、少しアルコールのような香りもします。

一方、新商品はシャンプーと変わりはないです。

新商品の圧勝ですね。

天然の精油なので、お湯で流した後はほとんど香りが残りません。

頭の近くに顔を近づけてやっと香る程度です。

 

 

トリートメントの使い心地

旧商品は緩いのですが、伸びがいいです。やり方としては間違っているのでしょうが、薄く伸ばせばコスパが良くなりそうです。

反対に、新商品はテクスチャーがしっかりしているので、伸びが悪くコスパが悪くなりそうです。

いずれもシリコンフリーなので、軽い仕上がりとなっています。トゥルントゥルンのしっとりが理想ならば、シリコン入りのトリートメントにすべきです。

あくまで自然な仕上がりですが、ギシギシすることもないです。

元々、シャンプー使用後でも柔らかな髪になっているので、トリートメントをつけたからといって劇的に変わるというものではありません。

 

トリートメントの仕上がりは?

最初の頃は、次の日に静電気でボワッとなる事もありました。しかし、現在は冬だというのに髪は落ち着いている方だと思います。

気になる時は、押えながら手ぐしでとくだけで「するん」と滑らかになります。

hana
そうです、こちらの商品はダメージケア用でした。

 

ただ、仕上がりについて新商品と旧商品の違いは分かりませんでした。

シャンプーも新旧いずれのトリートメントも、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaという保湿力の高い成分が配合されているので、そのおかげでどれも良かったのかもしれません。

 

 

まとめ

アロマキフィ ダメージケア(ローズ&ジャスミン)のシャンプー評価と口コミレビューをしてみました。

シャンプーは泡立ちがよくコスパが良いのですが、トリートメントは我が家は夫が沢山使っていると思われるので、コスパ悪いと思います。

hana
シャンプー1本が終わる頃にトリートメント2本使ってるみたいな。

 

しかし、1本500mlも入っていてこのお値段でこの成分、この仕上がり!ならば文句は言えないです。

むしろ安い方に入ってきます。

 

よって、総合的にはとてもいいシャンプーでしたので、個人的に香りや使用感の好みが合えばいいのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

レビュー追記

アロマキフィ ダメージケア(ローズ&ジャスミン)のシリーズを使い始めて3か月以上が経過しました。

最近、ちょっと気になったことがあったので追記します。

 

というのは、背中とデコルテに吹き出物が出来てしまったのです!

 

hana
ええ~!?どうして?

 

かなり驚いてしまいました。

 

と同時に、やっぱりあの成分かな?と思うところがありました。

 

それは・・・

 

静電気防止剤です。

 

前半のところでもご紹介しましたが、アロマキフィ ローズ&ジャスミンのコンディショナーには、静電気防止剤としてそれぞれベヘントリモニウムクロリド(旧商品)、ベヘナミドプロピルジメチルアミン(新商品)が配合されています。

 

これらの配合によって、パサつきを抑えたしなやかな髪になるというのですが、肌への刺激が全くない成分ではありません。

 

そして、これらの成分が背中やデコルテに残ることで「背中ニキビ」や「デコルテニキビ」になる恐れがあるようです。

参考リンク

http://aspiral.jp/hair/rinse-shigeki.html

 

しかし、これらの成分が全く入っていないトリートメントを探しだすのは難しいですよね。

ほとんどのトリートメントはシリコンをたくさん配合してツヤ感やしっとり感を出そうとしているのですから・・・。

 

で、このアロマキフィ ローズ&ジャスミンに関しての問題点を指摘するとすれば、これら静電気防止剤の量が極端に多いということです。

 

旧商品も新商品も水を除いた配合量から言えば、2番目に多い成分ということになります。

 

刺激のまったくない成分ではないのに、確かにこの配合量は多いのかも・・・という気がしてきました。

hana
今更ですが。

 

元々、この静電気防止剤については刺激が人によってはあるかもしれない事は承知していたので、頭皮にはつけていませんでした。

hana
子供たちにも、トリートメントは頭につけちゃダメ!髪の毛にこうやってつけるんだよ。とやり方まで伝えていました。

 

 

ただし!背中やデコルテニキビが出来たのは私だけで、子供達や夫は全く問題ありません。

子供の背中を触って確認してますが、ツルッツルです。

 

となると、やはり私の肌が敏感なのが原因でしょう。

 

ですので、肌が敏感な方はこのトリートメントは控えた方がいいのかもしれませんね。

 

ただ、髪自体はすっごく調子がいいのでとても残念なんですよね。

 

このシャンプーたくさん買ったので、どうしようか?と考え中です。

 

私だけ、ハーブガーデンに戻そうかな?(ゴメンね、ママだけ)とか考えちゃってます。

【半額モニター募集中】100%天然成分のオーガニックシャンプー

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-ヘアケア, 口コミレビュー, 日用品, 美容
-, ,

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.