Pontaポイント(リクルートポイント) クレジットカード リクルートカード dポイント

アカウント決済、キャリア決済とは?決済方法を利用したお得なリクルートカードのポイント二重取り大作戦【ネット通販編】

投稿日:

        

スポンサーリンク

記事下

前回は、【電子マネー編】としてnanaco(ナナコ)とQUICpay(クイックペイ)チャージでお得に!リクルートカードを使ったポイント二重取り大作戦をご紹介いたしました。

主に店舗での購入を簡単&お得にする方法でしたね。

店頭にて電子マネー端末にカード等をあてるだけで簡単に決済が出来る上、チャージ元やチャージ先それぞれにポイントが貯まるという仕組みでした。

 

そこで、今回は【ネット通販編】としてポイント二重取りの秘訣をお話します。

 

ネット通販でもポイント二重取りは出来る

例えば、ネット通販と言えばアマゾンや楽天市場を思い浮かべるのではないでしょうか?

アマゾンや楽天市場で作ったIDというのは、かなりの確率で持っている人の多いアカウントになると思います。

 

実は、このアマゾンや楽天のIDを使ってネット上のサイトで購入する事でポイントを二重取りにすることが出来るのです。

 

アマゾンや楽天市場などのような総合ショッピングモールを利用していると、そのモール内で買い物を終わらせることが出来てしまいます。

しかし、ネット上にはステキなお店はまだまだたくさんあり、そのお店が必ずしもアマゾンや楽天市場内にあるとは限りません。

 

そういった独立した単独のショップで買い物をする場合、そのショップが導入しているならば是非使ってほしい決済方法があります。

 

アカウント決済キャリア決済です。

 

アカウント決済とは?

先ほど例で出したように、アマゾンや楽天のIDを使って決済する方法をアカウント決済と言います。

正式名称は、アマゾンIDを使って決済する方法は「Amazon Pay」、楽天IDを使って決済する方法は「楽天ペイ」と呼びます。

どこかで聞いた事があるのではないでしょうか?

 

「Amazon Pay」と「楽天ペイ」に関してはたくさんの提携店がありますので、普段利用しているお店でも導入している場合があります。

参考に、これらの使えるお店のリンクを貼っておきますね。

公式サイト

Amazon Pay

楽天ペイ

 

他にも、LINEのアカウントで決済できる「LINE Pay」や、リクルートカード(ID)を持っている人なら使える「リクルートかんたん支払い」といった方法もありますが、店舗は限られてきます。

しかし、ポイント還元率はいいのでおススメです。

参考記事

クレジットカードの審査が通らない人でも、無職の人でも利用出来るLINEpayカードはホントに便利。利用して分かったメリットとデメリット

意外と使える!ポイントを使うことも貯めることも出来るリクルートかんたん支払いとは?

 

特にLINE Pay決済は、LINE Payカードを使って決済することで、2%もの還元率になります。

ただし、店舗にてバーコード決済をした場合はポイント付与の対象外となるので、店舗でのLINE Pay決済はLINE Payカードで決済するようにしましょうね。

ポイント高還元のラインペイにまたまた新機能!スマホさえあればローソンで買い物できちゃう

hana
年会費いらずで還元率2%は最強のカードです。

プリペイドカード式なので、使い過ぎにもならずクレジットカードと同じように使えるのでかなりおススメです。

hana
取りあえず持っておくだけでもいいと思いますよ。

公式サイトLINE Pay加盟店

 

リクルートかんたん支払いはマイナーな決済方法になるのですが、結構穴場です。

リクルートIDに登録するカードをリクルートカードにすることで威力を発揮します。そうすると、貯めたポイントだけで購入できる上に、ポイントを利用しても1%ものポイントを貯めることが出来ます。

極端な話、5,000円の買い物をリクルートポイントで支払って0円の出費だったのにも関わらず、50ポイント貰えます。

リクルートポイントは自動で毎月貯まるのでまた利用できるのが便利ですが、ドコモのキャリア決済(後ほどご説明します)と重複する店舗があるところに注意が必要です。

関連記事

ponta(ポンタ)ポイントを自動的に貯める方法。リクルートポイントとponta(ポンタ)ポイントは統合したって知ってる?

 

これらのアカウント決済について、LINE Pay決済以外はそれぞれのアカウントに登録してあるクレジットカードからの引き落としとなります。

LINE Pay決済はプリペイドカード式なので、予め銀行やコンビニから事前チャージ(銀行のみオートチャージ対応)しておく必要があります。

ただし、クレジットカードからのチャージには対応していません。クレジットカードを登録すると、LINE Payの残高がなく急な利用がある場合(あるのか?)に利用するかもしれませんが、これではLINE Payのポイント還元のメリットは生かせませんのでおススメはしません。

 

LINE Pay決済は事前チャージ式、他のアカウント決済は後払い(クレジットカード払い)式となる。

 

 

アカウント決済のメリット

ネットでの買い物というのは、基本クレジットカードで決済します・・・よね?

「えっ!?現金引換えだよ」とか「コンビニ支払いだよ」なんて言う方には是非参考にして頂きたいと思います。

それでは、アカウント決済のメリットを見ていくことにします。

 

簡単に決済できる

電子マネーと同じく、こういった決済方法でまず体感できるのはコレではないでしょうか?

何てったって、購入までのスピード感が違います。

10年程前までは、ネットで買い物する事自体が比較的珍しかったと思います。

hana
私もその頃は、楽天市場以外は利用していませんでした。

テレビでは【ネットで買い物している人】を取り上げた特集をやっているのを見かけたこともあります。

hana
ネットで服なんか買うのはマイナーだったんですね。

 

しかし、スマホ普及後事態は一変しました。

ネットでの買い物は当たり前になってしまったんですね。

それにより、クレジットカードでの支払いは当たり前というくらいになっていったと思います。

また、代引きやコンビニ支払いでは手数料がかかるけど、クレジットカード払いは手数料がかかりません。

hana
クレジットカード払いの手数料は業者持ちなんです。

手数料分得する上にポイントも付くので、普及しないわけがありません。

 

しかし、楽天市場のようなショッピングモール以外のサイトでは、店舗ごとにクレジットカードの番号や購入者情報を入力する必要があり、手間なのも事実。

そこに、「〇〇IDで買い物出来ます!」という表示を見かけたらラッキーって思いますし、そのお店はまた利用したくなります。

なぜなら、アカウント決済だと購入するのに必須である個人情報の入力の必要がないからです。

 

実際、買い物カートから購入までの手続きがもたついた事から、買うのを辞めてしまった事があります。

クレジットカードの番号をすぐに入力できる状態じゃなくて買うのを辞めてしまった事もあります。

 

よって、簡単に決済できるというのは消費者である私たちにとっても、お店にとってもメリットだと思います。

 

セキュリティーがしっかりしている

私たちが1つの店舗で買い物をした場合、普通は店舗ごとにクレジットカードの番号や購入者の氏名、住所などの個人情報を提供することになります。

これを繰り返すことによって、沢山のお店に個人情報が行き渡る結果、個人情報が漏れる可能性が大きくなります。

 

しかし、アカウントでの決済では店舗ごとに個人情報を入力することはありませんので、個人情報の漏洩リスクを下げる事が出来ます。

 

 

ポイントを貯めたり使えたりできる

これもまた、利用者にとっては嬉しい特典です。

ただ、どのアカウントを使うかによってポイント還元率が違ってきますので、自分のよく利用するお店でどのアカウント決済が出来るのか?というのを確認する必要があります。

よって、ポイント還元率がより高い決済方法&クレジットカードを選んだ方が得です。

これにより、ポイント二重取りが可能になります。

アカウント決済 ポイント還元率 クレジットカードからのポイント還元
Amazon Pay なし あり
楽天ペイ 1% あり(楽天カードで1%)
LINE Pay 2% なし
リクルートかんたん支払い 1% あり(リクルートカードで1.2%)

 

ポイント還元率を見てみると、LINE Payがダントツのポイント還元率になります。

しかし、クレジットカードからのチャージが出来ないので、2%の還元率となります。

 

一方、楽天ペイとリクルートかんたん支払いについては、それぞれの決済でポイントが1%ずつ還元されていますが、さらにアカウントに登録してあるクレジットカードでのポイント還元も上乗せされることになります。

 

まぁ、普通に考えても「楽天IDだったら楽天カード」、「リクルートIDだったらリクルートカード」を登録すると思うので、結果的にはリクルートIDが合計2.2%と高還元にはなります。

ただし、提携店舗の数が大幅に楽天に負けているのがデメリットですね。

 

そこを補う事が出来るのが、キャリア決済になります。

 

キャリア決済とは?

ここで言うキャリアとは、キャリアウーマンなどのキャリアではなく、大手携帯電話会社の事を指します。(細かく言うと、他の通信会社も含まれるようですが、割愛します)

「docomo」、「au(KDDI)」、「ソフトバンク」がこれに当たり、「carrier(運び手)」の意味から来ているようです。[※NifMoより引用]

hana
つまり、電話通信するための電気を運ぶからキャリアなんですね。

携帯決済や、スマホ決済、モバイル決済とも言われます。

 

で、キャリア決済というのは一言でいうと、携帯料金と一緒に支払う方法となります。

具体的に言うと、当月ネット通販にてキャリア決済した場合、来月の電話料金に合算して引き落とされます。

 

3大キャリアそれぞれの決済名称は以下の通りです。

  • docomo・・・・・ドコモケータイ払い・dケータイ払いプラス
  • au・・・・・・・・auかんたん決済
  • ソフトバンク・・・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い

 

私はドコモを利用しておりますが、最近は楽天モバイルや、UQモバイル、mineoなど、格安スマホやMVNOでの契約をしている方も多いかと思います。

ブタさん
じゃぁ、キャリア決済は使えないね。

と決めつけるのはまだ早い!ですので、最後まで読み進めて下さい。

 

auやソフトバンクのキャリア決済については、それぞれの提供するいずれかのサービスを利用していないと使えません。

しかし、ドコモはアカウントさえ作れば「dケータイ払いプラス」を利用する事が出来ます。

参考記事

【追記あり】ちょっとまぎらわしい、ドコモケータイ払いとdケータイ払いプラスの違いをまとめてみた

 

しかも、春、夏、冬と年に3回はキャンぺーンを行っておりまして、エントリーするだけで提携しているほぼ全ての店で10%も還元されてしまいます。

さらに、買い回りなどを含めると最低でも15%は貯まるのではないでしょうか?

一番最近のキャンペーンについて記事にしておりますので、どうぞ。

参考記事

【dポイントキャンペーン・追記あり】最大30倍!dポイントをたんまり貯める時期がやってきたよ

 

そして、提携しているお店の数もダントツで多いです。よって、auかんたん支払いやソフトバンクまとめて支払いが可能なお店と重複している場合もあります。

公式サイト

ドコモのケータイ払い/docomo

auかんたん決済/au

ソフトバンクまとめて支払い/ソフトバンク

 

キャリア決済のメリット

それでは、キャリア決済のメリットをご紹介します。

 

簡単に決済できる

アカウント決済と重複しますが、いずれのキャリア決済もIDやパスワードだけで簡単に決済できる点はいいいですね。

この条件は、今後ますます店舗での買い物であれ、通販であれ必須になる条件ですね。

 

セキュリティーがしっかりしている

上記とセットになっているメリットとしてセキュリティー面が挙げられます。

こちらもアカウント決済と重複するメリットになりますね。

簡単でなおかつセキュリティーがしっかりしているとなると、使わない手はありません。

 

締め日と引き落とし日が分かりやすい

そして、締め日と引き落とし日が分かりやすいというのもメリットの一つです。

今月中にキャリア決済をすれば、翌月の電話料金と合算されて請求されます。

 

クレジットカード払いだと、毎月の締め日や引き落とし日がそれぞれの会社によって違うので、覚えておくのが大変です。

しかし、キャリア決済だと同じ月に買い物をすれば、全て翌月の電話料金と合算になるので覚えやすいんです。

 

キャンペーンが多い

もう一つ、メリットがあります。

それは、先ほども言った通りキャンペーンを随時行っていることです。

auやソフトバンクはキャンペーンこそ行っていますが、ドコモのように大々的に大量のポイント還元キャンペーンというものを行っておりません。(コソッ

 

していたとしても、「抽選で~」とか「数百ポイントもらえる」くらいです。

ポイントをガッツリ貰いたかったらやはりドコモのケータイ払いを利用すべきです。

これにより、ポイントが大量に貰えるチャンスがあります。

 

ポイントを多くもらうコツ

ドコモのケータイ払いで貯まるポイントは、dポイントです。

また、ドコモユーザーでなくても利用できるケータイ決済というのは、「dケータイ払いプラス」になります。

それでは、「dケータイ払いプラス」でポイントをたくさんもらうコツをご紹介します。

 

1.dカードを作る

ドコモのキャンペーンでは、dカードを利用すると優遇されます。

よって、dカードを作っておくことをおススメします。

dカードの条件は以下の通りです。

  • 初年度のみ年会費は無料
  • 前年に1度でも利用があれば、翌年の年会費は無料に
  • ポイント還元率1%

公式サイトdカード

 

2.d曜日を利用する

毎週金・土曜日はd曜日と言って、dケータイ払いプラスにて買い物することでポイントが5倍になります。

エントリーなどの条件もありません。

 

3.季節ごとのキャンペーンを利用する

先ほどもご紹介したように、春・夏・冬と大々的なキャンペーンを行っています。ポイントをドカンと貯めるならこの時がチャンスです。

【dポイントキャンペーン・追記あり】最大30倍!dポイントをたんまり貯める時期がやってきたよ

こんにちは。師走に入ると、何だか気分的に忙しい気がしますね。   ただいま楽天セール真っ只中。物色している人も多いのではないでしょうか?(私もそのうちの一人) 楽天セールは、コマーシャルもし ...

続きを見る

 

4.dショッピングデーを利用する

dショッピングというサイトは、ドコモの運営するサイトになります。

毎月20日に「dショッピングデー」なる日を設けており、この日に買い物する事で20%分ポイント還元されます。

参考記事

【裏技】ポイント還元率20倍!「サンプル百貨店」で1番お得に購入する方法

 

5.携帯料金をクレジットカード払いに設定する

最後にしてしまいましたが、ポイントを二重取りする上で一番重要です。

携帯料金を銀行の口座引き落としにしてませんか?

それによって、キャリア決済での支払い分のポイント分損してますよ。

年会費無料で高還元のリクルートカードを携帯決済に登録しておけば、キャリア決済をした時に全てクレジットカード払いとなります。

この方法によって、dポイントとリクルート(ponta)ポイントの二重取りが出来るというわけです。

更に、購入先店舗独自のポイントも貯まるので、結果ポイント3重取り出来るサイトも沢山ありますよ。

クレジットカード払いからのポイント還元 キャリア決済でのポイント還元 店舗でのポイント還元
キャリア決済 あり(リクルートカードで1.2%) 通常1%(キャンペーンを使えば更に倍増) あり(店舗によって異なる)

 

なぜ、dカードを利用しないのか?というと、ポイント還元率がリクルートカードの方が高いからです。

ポイント還元率

dカード・・・1%

リクルートカード・・・1.2%

 

 

アカウント決済とキャリア決済のデメリット

簡単に決済できる

メリットと全く同じですが、これがデメリットにもなります。

デメリットは、簡単に決済できてしまうので使い過ぎる場合がある、ということです。

ネット通販では面倒な入力の手間がないので、あっという間に決済まで進むことが出来ます。

よって、知らず知らずのうちに使ってた!という事があります。

例え、無駄なものは買っていないとしても、次引き落とされる金額は把握しておく必要があります。

 

キャリア決済は上限額がある

キャリア決済については、上限額があります。

20歳以上の場合だと、au、ソフトバンクは10万円までです。ドコモだと半分の5万円と少額になってしまいます。

ただ、ドコモについてはキャリア決済の使用頻度などにより、上限額が上がる可能性があります。

hana
私も上限額アップしました。

関連記事

【キャリア決済】ドコモケータイ払い・dケータイ払いプラスの上限額が増えたよ。これで限度額は10万円に!

デメリットとして挙げましたが、人によっては使い過ぎを防げるためメリットになる場合もあります。

 

まとめ

アカウント決済とキャリア決済についてご紹介しました。

どちらも、簡単で且つ安心な決済方法だという事が分かったと思います。

 

簡単に買い物できるキャッシュレス時代となりましたが、そうなると本人の自己管理能力が必要になってきます。

今までは現金で支払う事が多かったので、しぶしぶ諦めることもありました。現金が必要無くなると気が大きくなるのも事実です。

使い過ぎに気を付けながら上手に利用していく事が大切ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-Pontaポイント(リクルートポイント), クレジットカード, リクルートカード, dポイント
-, , ,

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.