ヘアケア 家族の健康 日用品 美容

「市販のシャンプーランキング」に騙されるな!簡単に信用すると痛い目にあうよ

投稿日:2018年1月7日 更新日:

        

スポンサーリンク

記事下

実は、シャンプーの成分を調べるようになってからずーっと気になっていた事があったのです。

 

それは、「市販のシャンプーでオススメは?」とか「市販のシャンプーランキング」等なんていうタイトルのサイトについてです。

 

市販のシャンプー同士での競争

 

共通しているのは、「市販/シャンプー」というところですね。

一般的に出回っているシャンプー(特に薬局やコンビニで手に入るシャンプー)って洗浄力の強い、ラウレス又はラウリル硫酸ナトリウムや、オレフィンスルホン酸ナトリウムをベースとした石油由来の合成界面活性剤を使用しているのがほとんどです。

だから、それらをベースにしたシャンプー同士を競わせてもいいの?って思っちゃいます。

たとえ、1位になってもビリになってもその差は微々たるもの。

しかも、パラベンやフェノキシエタノール、安息香酸ナトリウムが配合されているにもかかわらず、「天然成分100%です」って記載されてあるサイトもありました。

シャンプーを色々と探している人って成分も重要視している人がほとんどですよね。

そういう人は、パラベンやフェノキシエタノールなんていう保存料の名前はもちろん、毒性や入れることでのメリット・デメリットも把握しています。

なのに、あえてそんな人に「天然100%ですよ」なんて嘘をつくメリットが分からないんです。

きっと、市販のシャンプーを購入する人ってあまり成分について詳しくない人なんでしょうね。

それに金額も低く設定されているから主婦にとっては有り難いのは確かですし。

 

市販のシャンプーのメリットは?

はっきり言って、市販(ドラッグストアやスーパーで購入できる)のシャンプーというのは、似たり寄ったりです。

hana
地域や店舗によって、販売していたりしていなかったりする商品は除きます。

そんな中、市販のシャンプーでのメリットがあるとすれば、それは金額くらいです。

かなり安価なものから中くらい、それよりもちょっと高い商品と3段階程ありますが、お手軽に試せる金額のものが多いです。

 

でも、この価格設定が逆に消費者のシャンプー選びのダメ押しをしているようでなりません。

普通に考えても、余りに安すぎることで怪しいって思いますよね。

ですから、市販でいいシャンプーと言うと、中くらいかそれよりもちょっと高く設定してあるシャンプーに手をのばしてしまうのではないでしょうか。

しかし、市販のシャンプーで高価格帯(1本1,500円前後)の商品以外の中身は案外似たようなもので・・・

オプションの成分が充実しているかしていないかくらいの違いなんですね。

本当に大事なのは洗浄剤(界面活性剤)なんですよ、そこのあなた!

ここは大切なのでもう一度言いますが、シャンプー選びで一番大切なのはどんな洗浄剤(界面活性剤)が使われているかということです。

hana
オプションはその後に考えればいいと思います。

市販のシャンプーではオプションの前にどんな洗浄剤が使われているかというのをきちんと把握した上で購入しましょうね。

この選択が10年後20年後のあなたの髪や頭皮の状態を左右します。

育毛剤なんて使わなくてもいいくらいの健康な頭皮、いつまでも「サラ・ツヤ・フワ」の髪の毛は手に入ります。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事下

記事下

RSS紹介文

↓ブログの更新を教えてくれます。ポチっとどうぞ★

あなたへのおすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hana

HANA

2人の子持ち主婦のhanaです。 年齢:30代前半(ギリギリ) 住んでいる場所:西日本の山に囲まれた田舎 資産運用の勉強をしながら子供の教育費と老後の貯金を貯めようと奮闘中です。 節約は苦手ですが、ポイントを使ってお得に買い物をする方法などをご紹介しています。 また、長男に発達障害の疑いを持っていますので、子育てについても綴っております。

-ヘアケア, 家族の健康, 日用品, 美容
-, ,

Copyright© なないろLife , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.